FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
正月休みは、当然のごとくあっという間に終わってしまい、今日が仕事始めでした。休みは長かったものの、今週は出勤日が5日もあります・・・

さて、昨年末に、3Dモデリングを目指してPCを導入したことを記しました。
まずは、fusion360をインストールし、モデリングを練習中です。
goblin.jpg

モノはバンパイヤ用のゴブリンエンジンです。まだ燃焼器の詳細が出来てないのですが、取り敢えず16個並べて雰囲気を確認してみました。なかなかカッコええではないですか! ちなみに遠心式のコンプレッサーは見えなくなる(見えなくする)ので、モデル化しないつもりです。

このソフト、すこぶる良く出来てます。複雑な三次元曲面は使ってませんが、普通に二次元で作図出来るものならば、簡単にモデリング出来ます。
私は若かりし20年位前、まだ設計部門にいた頃に、ダッソーのCATIAの導入教育を受けたことがあります。ハードは確かIBMのワークステーションで、マウスに加えて、丸いツマミが複数個ついた補助キーボードみたいなのを駆使しながら、ベンダーの講師の指導のもの苦労してモデリングしました。(30過ぎてからこれを覚えろとは、遠回しのくびきりか!)と、悲しくなった覚えがあります。結局、ものにする前に現在の職場に異動となり、3Dモデリングは習得できませんでした。
ところが今回は、雑誌を読みながら、ふむふむと、あれよあれよとそこそこのものができました。それは私が年齢を重ね経験値を積み上げたから、ではなく、ソフトがすこぶる賢くなったからに他なりません。(賢いソフトが走るハードの進化があってのことですが) 大したもんです。

一方で、目的とする3Dで出力するにあたって、基本的な使い方といったあたりがよく分かってません。
例えば、全体の流れとして、今回スケール無しでモデリングし最後に縮尺をかまそうと思っているのですが、果たしてそれが正しいのかどうか。
この進め方では、細部の最小寸法がいくらになるのか分からないのが不安です。というか、最小寸法をいくらぐらいに設定してモデリングすればよいのやら。

話が前後しますが、ハードはお安いノートパソコンを準備したわけですが、いまのところ「重すぎる」ことなく順調に動作しています。 モデルを作りこんでいったらどうなるかわかりませんが、作業するにあたっては不要な部分は消して操作するのでそれ程遅くならないのでは、と楽観的に考えています。 
スライサのソフトはインストールして立ち上がるところまで確認しました。モデルを読み込んでの確認は未了です。

あと数時間モデリングに費やしたらばそこそこ自己満足なレベルになりそうなので、次はいよいよ出力となります。 プリンタについて次回あたりに記します。

はたしてどうなりますか。







【2019/01/07 21:13】 | 模型-3D
トラックバック(0) |
以下完全なる個人的な備忘録です。

昨日は所要あって兵庫県の東端、川西市まで車で1時間半かけていってきました。(所要については後日報告します)

せっかく川西まで行ったついでに、同市の鼓が滝というところに寄ってきました。35年前、一年だけ下宿した地ですが、以来、一度も行ったことがありませんでした。

18の自分には車も原チャリもなく徒歩と電車で行動していましたが、今回は車での移動になります。まずは、川西の中心街へ。当時は阪急の川西能勢口はまだ高架でなく地べたにあってその横にはダイエーが、でん、とありました。それが今や高架駅を取り囲むように高いビルが建ち並ぶ垢抜けた街に様変わりしていました。なるほど、35年の月日を実感します。

能勢口から北へ。川沿いの道には記憶にないビルが沢山建ってはいますが、雰囲気は昔のままで、川をまたぐ能勢電の鉄橋は昔のままでした。ブラタモリで「地形は変わらない」的なことを聞いた覚えがありますが、なる程です。

そうこうすると、鼓が滝に着きました。鼓が滝はたしか川西能勢口から4番目の駅で、線路に貼り付いたような小さな駅は35年前と同じ場所にありました。当然、建て替えられていましたが、小さな駅の雰囲気はなぜか昔のままです。

駅から東に細い坂道を登っていったところにかつて下宿がありました。電線工場の社員寮を学生向けのまかない付きの下宿としていて、確か15人位の学生がいました。

果たして、そこには当時の建物は残念ながらなく、整地されて公園になっていました。ちょっと残念。

20190105181024fa9.jpg


しかしながら、坂の上から駅を見る風景は当時の雰囲気がありました。この坂を駆け下りて電車に乗り、川西能勢口経由池田市へ通学したものです。
20190105181034078.jpg


この地は同県内でありながら私の生まれ育った西播磨より冬場明らかに寒く、飛び乗った電車で眼鏡が曇って恥ずかしかった記憶が蘇ります。
懐かしさのあまり車を置いて坂道を走ってくだる、ことは止めにして、風景を写真に撮るだけにしました。あまり熱心に写真を撮っていると、不審者に思われかねないので、早々に打ち切って引き揚げます。

歳をとる、というのは想い出の引出しが増える、ことでもありますので、それはそれでいいものです。35年ぶりに引出したそこには、確かに35年前の空気がありました。

センチメンタルジャーニーはなかなかよいものでした。




【2019/01/06 09:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
明けましておめでとうございます。今年もマイペースで模型道を歩んでいきたいと思います。

さて、2019年の初っ端は、熟成中であったEE Lightningを完成させるとして、早くもその後を思案しておりました。48か72か、はたまた144か。レシプロかジェットか。
そこそこ手を入れるとしても5月の静岡には間に合わせたい。制作時間的にはmax120h位のイメージで色々迷った挙句今回辿り着いたのは・・・
20190104204123275.jpg


48のDH バンパイヤです。トランペッターの箱にクラシックエアフレームの絵を貼っていますが、即ちニコイチで作ろうと思ってます。
というのも、トランペッターとクラシックエアフレーム、形が違いすぎるんです。
20190104204359694.jpg


タイプの違いで胴体の形が違う??いやいや、キャノピーの形まで違うはずがない。どちらを正とするか?クラシックエアフレームでしょう。ということで、クラシックエアフレームのキットを主とし、トランペッターのキットからパーツ取りします。キャノピー開、フラップダウン、その他追加工作をちょろちょろと。

まだしばらく手はつけませんが、決意表明的にわざわざカテゴリを設け「0/※」の記事とするものです。2019,猪突猛進で頑張りましょう。

【2019/01/04 20:54】 | 模型-Vampire
トラックバック(0) |
今年最後の買い物、雑誌を2冊。

20181229202825bdb.jpg


モデルグラフィックスとP34の特集本。
モデルグラフィックスはフィルタリング技法について。飛行機モデルもSu-27がとりあげられていますが、正直よく分からんです。微妙なフィルタリングの効果が、特に飛行機モデルではわかりづらい。照明、印刷次第といいますか。ミグ氏のAFVではなるほど、という感じなんですが。なぜでしょう??
その他、飛行機模型ではAFVクラブのサーエゲの作例がありました。よくもまあ、こんな機体をモデル化したもので。売れるんかねえ。
印象の薄い今号でした。

もう一冊はGP Car memoryシリーズのティレルP34です。残念ながらタイトルは「タイレル」ではございません。内容は非常に濃いです。ドライバーのインタビュー、戦歴、変遷、デティール、てんこ盛りです。模型の資料としても、読み物としても満足です。1400円でこの内容、恐れ入ります。そして当然の帰着として、本誌を読むとつんだままのタミヤのP34を作りたくなります。確かボディ下面の電池ボックスを閉じただけのところで長期熟成中であったかと思います。
本当のところ、翌年の丸っこいモデルが好きなのですが、フジミのワイドトレッドは違う。タミヤに丸っこいカウルを載せたら良いのか? 丸っこいカウルは3D?

妄想は膨らみます。

【2018/12/30 09:17】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

今年も一年お疲れ様でした
XJunで〜す
こんばんは。
もう大晦日でございます。
今年は12月の展示会にご案内状までいただきながらご訪問出来ずすみませんでした。
コメントも六甲縦走で盛り上がったのですが飛行機の方は相変わらず不調法であいすみません。

今頼まれものの 1/144 B-52H を組んでいます。
確か昔のクラウンか何かのものと思います。


公試
>XJun殿
明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

展示会は盛況でございました。味をしめて多分今年も開催しようということになるのては、と思います。また、是非に!

クラウンのB-52は私も持っておりまして、そろそろ作りたいなあと思ってます。楽しみにしています。

コメントを閉じる▲
自分へのクリスマスプレゼントというわけではないんですが、冬のボーナスでパソコンを買いました。

5人家族の我が家には5台のパソコンないしタブレットがあって既に各自に行き渡っているのですが、私のタブレットパソコン(win10)のOSが32ビットということでとあるソフトをインストール出来ない事態が生起し、更新というか追加に至りました。

取り敢えず64ビットのwin10であれば良し、というか今どきそれ以外ないので、普通にお安いノートをネットで買いました。
ビジネス向け、という謳い文句のマシンは、光学ドライブ無し、オフィスもインストールなし、その他便利なソフトも無し、というすっからかん仕様です。更にデフォルトのssdの容量が小さかったので、容量が大きくかつ安いhddに換えるというケチケチ作戦です。

届いたパソコンです。

20181226075535b60.jpg


なかなか良さげです。レノボはデータが中国に抜かれるのでは?という疑念が拭えませんが、模型用途以外には使用しないので、それでも良ければ好きに抜いて下さい。

順序が前後しますが、インストールするソフトとはフュージョン360です。3Dモデリングを始めます。ソフトは無事インストール出来、それなりの速度で動いています。

プリンター及び活用の方向については、追って記します。

【2018/12/26 07:57】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


ペガ
おお、3Dデビューですね。
気になることが一つ。
レノボのノート、photonのスライサーが動かない悪寒がします。
私のヒューレット格安ノートはダメでした。


ペガ
おお、3Dデビューですね。
気になることが一つ。
レノボのノート、photonのスライサーが動かない悪寒がします。
私のヒューレット格安ノートはダメでした。


JW
自分のはDELLのゲーム用でi7が入ってるヤツですが3D CADも割とサクサク動きますがキャンペーンで1 1万位でしたよ!


公試
>ペガ殿
そうなんです、皆さんの3D造形を目の当たりにして、いよいよ時機が来たなあ、と。
パソコンは、一応、CPUとグラフィックが分かれたもののほうが上手くいく可能性大、という指導をクラブの先達から受けまして、AMDの分かれたチップの本機としました。
さて、どうなりますか。

>JW殿
いやいや。今回のこのパソコンはもっともっとお安い格安仕様なんす。ちょっとケチり過ぎたかなあ。


コメントを閉じる▲
free counters