After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
ki-51の続き

このキットは、外面のスジ彫り、リベットにくわえ、コックピットも多くの部品で再現されており、40年前の当時としては非常に良くできたキ
ットであったろうと思います。
これ程迄に頑張っていたニチモが、どうして脱落してしまったのか、残念でなりません。

コックピットですが、現在の目で見て修正すべきは、まずは、内面形状です。胴体内面が円形ではなく、主翼フィレットに合わせて裾広がりなため、フロアパーツと胴体内面に大きな隙間が空いてます。これを無視して、胴体内面にプラ材を貼り付けて「胴体内面構造を再現しました」という作品も結構拝見しますが、個人的にちょっと抵抗あるところで、私は個人の嗜好として、胴体内面を円形に戻し、フロアとの隙間を無くしました。

フレームは途中です。
最終的には、「見えん!」というオチになろうかとおもいますが!それはそれ、なかなか良い気分です。

これから、シートや、無線機など、艤装パーツを付けていきますが、キットのパーツは悪くはないものの、平成29年の目で見ると、やはり物足りないので、かなり自作せんといかんなあと覚悟しています。

やはりそれなりに手がかかりそうです。


【2017/06/09 19:39】 | 未分類
トラックバック(0) |
確か先日Dornier DoXとSeafire Fr47に注力するようなことを書いた気もしますが、もう一機。

Ki-51とは、99軍偵/襲撃機です。古のニチモのキットです。何となく作りたいなあ、という話をいつぞやクラブでしていたら、Hさんから「作らないから」と譲って頂いたものです。最近、このパターン多いです。
早速、作り始めました。 

2017060520563600.jpg
このキットはご丁寧にリベットが凹でモールドされているのですが、さすがに40年?前のリベットモールドは今ふたつなので、これを埋めることから始めねばなりません。
2017060520581500.jpg 
右翼は埋め終わって、スジボリを彫り直しました。

2017060520582600.jpg
翼下面及び左翼上面は埋め終わったところで、スジボリの再生は未だです。胴体も同じ状態です。
まあ、昔のキットなので、普通のスタートラインに立つまでが大変です。

【2017/06/05 21:51】 | 模型ーKi-51
トラックバック(0) |

さすがです
XJunで~す
>ニチモ九九軍偵…
リベットを埋めて…の段階で脱帽です。

タミヤ 1/48 の零戦や疾風など古いのを作った際に凸モールドに沿ってリベットを打ったのでイッパイイッパイでした。

リベットを打つのは無心にひたすら打っていかれるのでしょうか?


公試
>XJun殿
凹リベットとスジ彫りは瞬間で埋めていますが、大量に使用するため、目が痛くなります。この刺激性の気体は、目に悪く無いのでしょうか?不安です。

リベットは(いずれ打つつもりですが)、それほどしんどいものではないです、たぶんに慣れと思います。ジョギングしている時にあれこれ考え事するように、特に集中せずとも、ポチポチできます。


コメントを閉じる▲
Do-xをゆるゆると始めます。

本機のテーマは、12枚のペラを回転させる、です。まずはエンジンナセルに
モーターを仕込みます。モーターは、直径4mmのものです。
問題はモーター二個の電線四本をいかにして主翼に引き込むか、です。キットの支柱に溝を切って電線を導設することをクラブの先輩諸氏に勧められましたが、敢えて別方式、前の支柱二本を真鍮パイプを扁平に潰したものに置き換え、電線を通すことにしました。後ろの支柱二本は高さの基準とするべく残し置きます。
2017052907412700.jpg 
写真では、前の支柱二本にそれぞれ電線が二本見事に通ってます。素晴らしい! が、計四本の電線が綺麗に通ったのは、最初にトライしたこのカウリンクだけで、のこり5台はどうしてもつかえて通らず。仕方なく、1本はモーター付属の電線のまま、もう一本はビニールの被服を剥いだむき出しの細線を3本ほど撚った別線を通しました。

二個のモーターのプラスとマイナスをそれぞれまとめる、とか二個のモーターを直列に繋げは、一本の支柱に一本の電線を通せば良いので工作としては楽ですが、冗長性、見栄えの面で今一なので、12個のモーターの独立制御を貫くことにしました。

最初の工作たるここのところが本機の山場とはいえ、えらく消耗しました。前途多難です。

     

【2017/05/30 21:44】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |

今さらですが…
XJunで~す
直流回路は不案内なのですがマイナス側を一つのグラウンドに落とす手は?とか思いましたが「独立制御」だとそうなりますよねぇ(・o・)


公試
>XJun殿
マイナスを共通性でグランドに落としても、ばらばらに動きそうな? その辺全くの素人なので、解りません!
素人らしく、ベタに行きます。


コメントを閉じる▲
静岡の余韻残る今日この頃、次に向け再スタートをきるべし。

なかなか始まりませんが、構想は出来ています。 再スタートとして、まずはおおよそ出来上がってます、SeaFireを完成させるつもりです。ブログでは昨年11月から取り上げてませんが、実際そのまま放置してました。どこから手をつければよいのか、さっぱり忘れています。無理な保管状態が祟り、レジンのペラが曲がってましたので、まずはこれの修正からせねばなりません。

並行して、今はなきオータキの1/144 Dornier Do-Xを一連の?ペラ回転シリーズとして作ります。計12枚のペラが回転したらば、それは壮観でしょう!

静岡が終わって、次の展示会はというと、11月?のクラブの展示会になる見込みです。あと、6ヶ月あるので、この2機なら固い、かな。 逆にちょっと余裕をかましてもう1機手をつけようとしています。48の単発レシプロ機あたり。 来年2月に静岡にて開催されるというUAMCには、ここまで、でしょう。

とらぬ狸の皮算用はこれくらいにして、そろそろ手を動かしましょう。

【2017/05/24 20:03】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

手を動かす…
XJunで~す
>手を動かす…
至言でありますorz

現在タミヤ新橋展(明後日締切 笑)に向けて慣れないジェット機をこさえております。

斯くして毎回お恥ずかしい代物をさらしております。


公試
>XJun殿
きっちり間に合いましたでしょうか? 刺激ある模型ライフ、いいですね!

手を動かしてこその模型ですね。

新橋展…
XJunで~す
締切当日に持ち込み、間に合わせました。
ジェット機の銀塗りは二機目なのでとにかくギンギンにしてみました。

6/10に発表、返却なのでその日の夕刻に弊ブログに掲載いたしますm(._.)m


公試
>XJun殿
ご苦労様でした。朗報を楽しみにしております!

コメントを閉じる▲
静岡のオマケ

会場で、世界の駄作機の第1巻リニューアル版が販売されておりまして、著者岡部いさく氏のサイン会がある、ということで堪らず購入しました。


当然、オリジナルの第1巻も持ってるんですが、嬉しがりなので、簡単に釣り上げられてしまいます。
両日一時間、50名限定ということでした。何故制限するのかと思ってましたらこういう訳でした。

なんと、一人一人にそれぞれ異なる飛行機のイラストをしたためていただけるという、有り難さ!
これは一時間、50名限定もやむ無しですな。
有り難や、有り難や。

さらに、クラブ展示の隣のクラブに、カバーのイラストを担当された佐竹政夫氏がおられまして、厚かましくも背表紙側にサインを頂きました。

なんとも豪華なサイン本となりました。

佐竹氏のクラブには、Nobさんの飛行機 グラフィティでお馴染みの下田信夫氏もおられたのですが、さすがに著書を持ち歩いてはおらず、サイン頂くには至りませんでした。残念!

【2017/05/22 06:17】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

ラッキー!
XJunで~す
>サイン本…
それはそれはラッキーでしたね。
静岡まで足を運ばれてこそではないかと。

私はファインモールドのロゴ入りクリアフォルダをもらってお腹一杯になりました(笑)


公試
>XJun殿
駄作機シリーズは大好きでして、全巻揃えてます。Nobさん…も同じく、コンプリートしてます。来年もお隣ならば、忘れず持参しますとも。

クリアフォルダはいくつあっても良いですね。

コメントを閉じる▲
free counters