FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
土日は静岡に遠征しておりました。三年ごとに開催されるトリエンナーレともいうべきUAMCが静岡で開催されたのでした。

全国から?飛行機模型好きが作品を持ち寄る展示会で、今回はおよそ1300機ほど集まった模様です。規模としては勿論5月のホビーショーの合同作品展には及びませんが、飛行機模型だけのUAMCは別種の盛り上がりがあります。
参加されるモデラーの方々は、子供の頃から模型誌の作例で憧れていた方や、今はなきJMCの私にとってのレジェンドであったり。
沢山の力作を見て回るのも楽しいし、ネットで知り合いの方や、これまでの展示会で知遇を得た方と旧交を温めることができたり、楽しい二日間でした。

素晴らしい作品の数々は、別の方々がネットに上げることと思いますので、ここではその他の雑多なことを記します。

1)UAMCでは正統派飛行機模型がメインストリームといえます。合同展では、他のジャンルとあわせ、とにかく大きく派手で仕掛けに凝った作品が幅を聞かせていますが、ここUAMCでは、ペラが回ったり灯火が光ったり大掛かりなダイオラマや3Dでこさえた作品はマイナーな存在です。こってりしたウェザリングも少数派で、大半はオーソドックスな作品です。
私は、開陳モノを1機(mi-24),回転モノを3機持ち込みましたが、どちらもマイナー種でした。その御蔭で逆に目立ったというわけでもなく。

2)モデラーの高齢化は着々と進んでいます。参加モデラーの平均年齢は50 を超えていたように思います。そんな中で、BMCというクラブがその若さで
際立っていました。どのクラブも三十代の方がいれば「若いなあ!」という感じですが、なんとBMCには二十代、更には十代の方もおられるようです。素晴らしい!

3)私の作品のウケ具合は…
 a)ドルニエDoXは普通の注目具合。一部の方にはやたら受けてました。
   b)99軍偵はちょっと外し気味。自分としては静かに滑らかに回り続けるペラと、それなりデティールアップのコラボの妙、といったつもりだったのですが、ちょっと伝わりきらなかったようでした。
   c)SeafireFR47は未完成とはいえ、ちょっと外れすぎでした。未完成ということもあって地味なスピットがちょんと置いてある、という感じだったのでしょうか。電池の消耗を嫌って、プッシュスイッチを押し込んだらペラが回る仕掛けとしていたのですが、まあ押してみる方はおられなかったです。 なので、二重反転ペラが回転する、というウリは空振りに終わり、地味なスピットに終始してしまいました。
   d)一番注目されていたのはやはりmi-24でした。一番時間を掛けた作品なのであたりまえではありますが。 デティールアップが機体上面にあるので、アピールしやすい作品とも言えます。
次の展示会、5月の合同展にはmi-24以外の三機を予定していますが、それぞれに未完の部分をしっかり完成させ、ペラ回転にプラスのデティールアップの部分がしっかり伝わるようにしたいと思います。

4)ちなみに私の向かいがクラブの会長殿のスクラッチ機だったのですが、私の機体の十倍くらいの注目度でした。 皆さんわかってらっしゃるのう。

5)タミヤ、ハセガワがそれぞれ新製品の紹介をしていまいた。タミヤはBf109 ,ハセガワはF-35Bです。このうちF-35Bについては毎度の地味ステルススキームながら、背中が2箇所開きエンジンが下向きに変形する、実に私好みな仕様でした。これは買いますよ!ハセガワさん!

6)合同展より規模が小さいだけに、メーカーの方々とより近く話しができました。 ハセガワの社長殿には、最近の箱絵を担当されている加藤単駆郎氏の絵はちょっと暗い、シリアスすぎる。迫力、凄みはすばらしいが、以前の小池氏のような、美しい夢のある絵のほうが私の好みである、と勝手な思いを申し述べました。社長殿は嫌な顔を見せず「彼の作風、スタイルでして」というようなことを申されていました。 生意気を言いまして申し訳ありませんでした。

とりあえず、以上。
 






スポンサーサイト

【2018/02/12 22:27】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


パテ埋め地獄
こんばんは。
お会いすることはできませんでしたが、作品拝見することができて嬉しかったです。
ドルニエDoXはなかなか見れない機体だったので面白かったです。
シーファイアのプロペラですが、あのスイッチを押してよかったんですね。私なんかは原則として作品には触れてはいけないと頭にあったので、スイッチあるのはわかったのですが、触っていいかお伺いできないとと思ってしまいました。

お疲れ様でした〜
XJunで〜す
>UAMC 遠征
お疲れ様でした〜。
やはり「エアモデル沼」の皆さんの空気感というのが有るのですね。
この前の三連休までは都内の某店主催のコンテストに向け兵隊さんを塗っておりました。

その後まる一週間インフルエンザで寝込みようやくリハビリでタミヤ 1/100を作ろうかというところです。


sea trial  (公試)
>パテ埋め殿
UAMCはテーブルの向こう側に店番の人がおらず、皆さんうろうろしているので、顔を知らない人と会合するのは難しいですね。残念でした。

シーファイアは、誰も押してくれないスイッチをやめて大容量バッテリーで出直し、5月の静岡でリベンジを期します!



sea trial  (公試)
>XJun殿
濃いエアモデルの集いであったので、重鎮の方々がオーラを漂わす独特な感じでした。

ここ数年インフルエンザにかかっていません。予防接種が効いているのでしょうか? ご自愛ください。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
お会いすることはできませんでしたが、作品拝見することができて嬉しかったです。
ドルニエDoXはなかなか見れない機体だったので面白かったです。
シーファイアのプロペラですが、あのスイッチを押してよかったんですね。私なんかは原則として作品には触れてはいけないと頭にあったので、スイッチあるのはわかったのですが、触っていいかお伺いできないとと思ってしまいました。
2018/02/16(Fri) 06:20 | URL  | パテ埋め地獄 #xfEiCw62[ 編集]
お疲れ様でした〜
>UAMC 遠征
お疲れ様でした〜。
やはり「エアモデル沼」の皆さんの空気感というのが有るのですね。
この前の三連休までは都内の某店主催のコンテストに向け兵隊さんを塗っておりました。

その後まる一週間インフルエンザで寝込みようやくリハビリでタミヤ 1/100を作ろうかというところです。
2018/02/17(Sat) 15:31 | URL  | XJunで〜す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>パテ埋め殿
UAMCはテーブルの向こう側に店番の人がおらず、皆さんうろうろしているので、顔を知らない人と会合するのは難しいですね。残念でした。

シーファイアは、誰も押してくれないスイッチをやめて大容量バッテリーで出直し、5月の静岡でリベンジを期します!
2018/02/21(Wed) 18:10 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
>XJun殿
濃いエアモデルの集いであったので、重鎮の方々がオーラを漂わす独特な感じでした。

ここ数年インフルエンザにかかっていません。予防接種が効いているのでしょうか? ご自愛ください。
2018/02/21(Wed) 18:14 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters