FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
出張から戻ってきたところで、 また現在seafireに注力中でありますので、本記事の中身は、二週間以上さかのぼるものです。
 
**********
p-3cのとっかかりとして、まずはエンジンナセルから着手しましたが、数が四個もあり、時間がかかります。
三つならんでいますが、いちばん右は、キットのパーツのまま。真ん中は、シムを挟んで外形を変更したもの。左は上部のインテイク、スピナーに繋がる部分まで修正したものです。
下膨れのダルマ型に修正しています。

側面形が分かり良い写真を。
20180124071653218.jpg
おでこの盛り上がった力強い有機的?な形になりつつあります。

これを4つ作ります…  シムを挟む方法はパテを盛るよりも再現性に優れており、4個を同じ形に作ることに対する不安はありませんが、単純に面倒で億劫です。

本キットのもう一つのウィークポイントたる、ちょっと微妙な機首は、といいますと、修正の方向を探るべく、実機写真を見ながら唸っています。 こちらは、なかなかいい切り貼り方法が思いつかず、先に進みません。とりあえず、機首の工作がし易いよう、機首をぶった切りました。
20180124071631e0f.jpg 
なにやら、活造りにそえられたお頭といった風情で、少々不気味です。飛行機の機首を「顔」として見てしまう人間の認識の傾向によるものとおもいますが。

**********
この週末は、seafireを恥ずかしながらでも来週末のuamcに並べられる暫定半完状態まで追い込むべく、浮気無しで注力中です。 
その後は、またp-3cに復帰したいと思います。

最近は携帯で記事を書くことが多かったのですが、久しぶりにpcで書きました。タブレットのソフトウェアキーボードですが、携帯のフリックより100倍楽ですなあ。このへんがオッサンの証でしょうか。


スポンサーサイト

【2018/02/04 07:18】 | 模型-P-3C
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters