After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
一歩進んで3歩戻る。
****************************************
Seafireは士の字とするべく、まずは主翼下面を付けました。
DSC_1329.jpg 
ここまではよし。ところが、この時点で、二重反転メカはうんともすんとも回らなくなってしまいました。主翼下面がギアボックスを押して圧迫したようです。 ところが主翼下面の圧迫をなくしても戻りません。ギアボックスが微妙に変形し、駆動系の負荷が非力なモータのトルクをいよいよ超えてしまったようです。 胴体は貼り付け済みでメンテナンスも出来ません。 万事休す、ギブアップです。
仕方なし、今後このSeafireはペラ回転なしのディスプレイモデルとして進めます。 ・・・いやいや納得いかんなあ、何より無用の長物と化したモータ、ギアボックスを機首内部に抱えたままというのが気に入りません。なんとも気持ち悪い。
ということで、改めて2重反転メカに挑戦することとします。モータとギアボックスの収まった機首を切断、開放し、改めて新メカを仕込んで復旧するつもりです。 実はすでに切断に着手済みで、上の写真にもそのラインが写っています。
****************************************
今回のメカで躓いたところ、すなわち要改良点を踏まえた新しいアイデアもあります。 新しいメカにめどが立ったら次回の記事とします。


スポンサーサイト

【2016/07/31 23:09】 | 模型ーSpitfire
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters