After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
タイトルをSpitfireからSeafireに改めました。
****************************************
平日はなかなか時間がとれませんが、本来の模型工作とは別に、2重反転に関わる電気工作をしていました。
自作した二重反転機構の最大の欠点は「ノイジー」ということにつきるのですが、その原因として歯車機構の精度の他に、回転が早過ぎる、ということも挙げられます。もっとゆっくり回すことができれば、静かになり、それゆえ精度よく回っているようにも映ります。
どうすればゆっくり回すことができるか? 単に電源に抵抗を挿入するのはトルクが痩せるばかりです。先月クラブの例会に持ち込んだ折に諸先輩のご意見を伺うと、「PWM制御の回路がよい」「キットが売ってる」ということでした。 ネットで検索すると、なるほど売っています、それも数百円という安さです。ホンマかいな?こんなので本当に制御できるんやろうか?? と思いつつもものは試しで、注文してみました。

朝注文すると、翌日には自宅に届きました。なんとも便利な世の中です。 購入したものは組み立てキットで、自分で10個ほどのパーツをパターンが印刷された基板にハンダ付けする必要があります。私はハンダ付けが苦手です。 大した道具もありません。百均で買ったコンセントに挿すだけの数百円のハンダゴテと、配管の再現用に買った細いハンダでもって果たしてうまくできるものか?? かなりビクビクしながらの作業でしたが、案ずるより産むが易しで、何の事はない、簡単に、そこそこ綺麗に出来ました。
DSC_1277.jpg 
果たして動くか? 電池とモータを繋ぐと・・・ なんと動きません! ハンダ付けが悪かった? 静電気でICを壊した? うーん・・・ 但し、基板の裏側を手で触ってどこかを短絡させると微妙に動きます。 どうもどこか回路が開いているところがあるようです。 うーん・・・ 
そういう目で基板をみると、部品を付けないままの箇所があることに気付きました。 もしや、とそこを繋ぐと無事回りました! どうやら、そこは各自でon/offスイッチでも挿入すべしということのようです。そりゃ、素人には分からんて。

なんとか無事に回転数制御ができるようになりました。わずか数百円の回路で見事に円滑に制御できるとは。 もう世の中凄過ぎ。おっさんはついていけんわ。 

次は、この制御基板と制御用電池とモータ駆動用電池をうまく収める飾り台が必要です。どうあがいても機体内に収まるものではありません。どうやってモータからの電線を目立たないように飾り台に導入するか?
**************************************************
週末はコックピットの工作に戻ります。



スポンサーサイト

【2016/07/01 22:24】 | 模型ーSpitfire
トラックバック(0) |

回路パターン…
XJunで~す
こんばんは。
無事に回ってよかったですね(^-^)/

読んでいてダイオードかコンデンサの逆接かと思ってしまいましたがまさか導通してなかったとは。

私は通信機メーカに勤めていますが今の基板は自動搭載ですので半田ごてで手付けできる人も少ないです(笑)。

プロペラを回すのもハイテク(死語)の時代なんですね。


sea trial  (公試)
>XJun殿
私、電気が苦手なもんで、回路がわかる方を尊敬します! (私にとっての)ハイテクが数百円で手に入るのが驚きです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
回路パターン…
こんばんは。
無事に回ってよかったですね(^-^)/

読んでいてダイオードかコンデンサの逆接かと思ってしまいましたがまさか導通してなかったとは。

私は通信機メーカに勤めていますが今の基板は自動搭載ですので半田ごてで手付けできる人も少ないです(笑)。

プロペラを回すのもハイテク(死語)の時代なんですね。
2016/07/04(Mon) 20:19 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>XJun殿
私、電気が苦手なもんで、回路がわかる方を尊敬します! (私にとっての)ハイテクが数百円で手に入るのが驚きです。
2016/07/04(Mon) 20:33 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters