After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
一歩進んで一歩下がる。
***************************************
3つめにしてなんとか回るものが出来た二重反転メカですが、「これではない」感が拭いきれず、ボツとしました。 改めて4回めの製作に挑みます。

1個目、2個めは回るまでに至らず、3個めにしてなんとかそこそこ回ったのですが、回って初めて分かることが多々ありました。
まず、精度が不足していました。どうやったら回るものができるか、試行錯誤の部分がそこかしこにあり、それがために切った貼ったの仕上がりとなり精度が不足していたようです。」
それから、回転体を支持する剛性が不足していました。 回転するものが軽いということで、片持ちでもつであろうと判断し軸受けを省略したことが良くなかったようです。
以上の結果、歯車の噛みあわせの音が大きく、かつ抵抗が大きいのか電池の減りが早かったです。結局電池の持ちはともかくとして、「ジャカジャカうるさい」ということから「これではない」感が募り、ボツに至りました。

4個目は3個目の設計を踏襲し、支持剛性の向上をはかります。 また雑音低減にも配慮するつもりです。すでに頭のなかでは「シュルシュル」とBMWのシルキーシックスの如くなめらかに回転しています。 後はこのイメージに向けて手を動かすだけです!
****************************************
さてどうなりますか。

 

スポンサーサイト

【2016/06/14 22:18】 | 模型ーSpitfire
トラックバック(0) |

精度…
XJunで~す
縁起でもない話かもしれませんが雷電開発の苦労の模型版のようでお疲れ様です。

「動く」リアルさを求めて頑張ってくださ~い。


sea trial  (公試)
>Xjun殿
うーん、プロペラ周りの振動に苦しんだ雷電ですか・・・ なんとかせにゃあ、頑張ります。

動く模型にはいままで全く興味がなかったのですが、自分が取り組むと、これが結構面白いです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
精度…
縁起でもない話かもしれませんが雷電開発の苦労の模型版のようでお疲れ様です。

「動く」リアルさを求めて頑張ってくださ~い。
2016/06/16(Thu) 21:09 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>Xjun殿
うーん、プロペラ周りの振動に苦しんだ雷電ですか・・・ なんとかせにゃあ、頑張ります。

動く模型にはいままで全く興味がなかったのですが、自分が取り組むと、これが結構面白いです。
2016/06/21(Tue) 21:02 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters