After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
いつまでも余韻に浸っておらず、そろそろ再スタートを切ろう。
****************************************
展示会を見たり参加したりすると、必ず(やっぱし中途半端なものをつくってちゃあいかん! 次こそ鼻血のでるような、あるいは吐血で染まったような入魂の作をモノにしよう)と思うのですが、いきなり中途半端な再スタートです。
ローデンのVC-10をささっと作ります。 もともと、IL-62mと並べたらカッコええなあ、と静岡までに完成させるつもりだったのですが、なかなか入荷せず、やっと3月に入手できらたらばこれが期待値✕0.65くらいの出来で、これは静岡が終わってからの着手と諦めたのでした。
胴体の客席窓は、前方と後方の分がバリで小さくなっています。(スケールアビエーションの新製品紹介の写真もそうなってました) 主翼を差し込むホゾもいい加減です。こりゃあ手が掛かりそう、と思っていたのですが、手を付けたらそれほどでもなく、あっさりと士の字になりました。
DSC_1230.jpg 
胴体の客席窓はナイフでバリをさらいました。 木工ボンドでの透明仕上げにするつもりです。ちなみに静岡では完成作品を2機見つけましたが、いずれも窓を埋めての塗装仕上げでした。
機首の風防部分はちょっとすり合わせ過ぎまして背が低くなりパテ盛りに至りました。

主翼、尾翼はネオジム磁石による分離式としました。
DSC_1232.jpg 
精度の悪かったホゾは切り取って、真鍮パイプを組み合わせ自作しました。ネオジム分離式はちょっと慣れてきた感じであっという間に出来ました。何事も経験ですな。

****************************************
さっさと表面を仕上げたら塗装となります。 問題は塗装です。本機はセールスが芳しく無く、とにかくバリエーションが少ないのです。 キット指定のBOAC,イーストアフリカ、BA、終わり。あらら。 先の静岡の2機はいずれもBOACとされていました。 ここはBAにでもするかなあ。
スポンサーサイト

【2016/05/26 20:03】 | 未分類
トラックバック(0) |

磁石…
XJunで~す
飛行機模型は思いの外場所をとるので主翼などを分離式にする技をモノにすると便利そうですね。

AFVの戦車やジオラマは簡単に箱詰めして積めるんですが飛行機は厄介です。


sea trial  (公試)
>XJun殿
磁石で分離することにより、エアライナーを作るようになりました。 保管場所を気にせずに作れるのはよいことです。
AFVのジオラマは場所を取りそうですが、ハネを広げた飛行機よりはマシでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
磁石…
飛行機模型は思いの外場所をとるので主翼などを分離式にする技をモノにすると便利そうですね。

AFVの戦車やジオラマは簡単に箱詰めして積めるんですが飛行機は厄介です。
2016/05/27(Fri) 18:56 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>XJun殿
磁石で分離することにより、エアライナーを作るようになりました。 保管場所を気にせずに作れるのはよいことです。
AFVのジオラマは場所を取りそうですが、ハネを広げた飛行機よりはマシでしょうか。
2016/05/30(Mon) 20:09 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters