After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
静岡の準備が片付いたところで、次なる機体に触手が伸びます。
****************************************
ドイツ機はJu-88Gたった1機でゲップ状態で、エアライナーでもなく、よく出来た現用機がええなあ、ということでハセガワのAV-8Bを買ってきました。先に作ったYaK-38に続いてのVTOL機というのもシリーズ性があって良いかと。

さてこのキット、私にとっては最新バリバリ、というような気がしますが、それでも10年くらい経つのでしょうか? ちょっと仮組みしてみましたが、よく出来たキットです。 48のハリアー系列では、最近キネティックからシーハリアーが出ていますが、どうもあちらはイマイチなようで、特に形式に拘りがない私にはこちらが無難と考えての選択は正解であったようです。

どう作るか? KittyHawkのF-94、ICM48のJu-88と、こってり路線はこのところずっこけてばかりですが、凝りもせず改めて一機入魂こってり路線を目指します。 
機首のレーダは比較的簡単な形のようで、スクラッチできるのでは? コックピット、脚庫はアイリスのレジンがあるようです。いやいや、まだまだ物足りんなあ・・ 

ということで、
DSC_1017.jpg

胴体の横に転がっているのはペガサスエンジンです。タミヤのシーハリアーから引っ張ってきました。というか、そのためにシーハリアーを買い求めました!
さて、両者の相性は・・・

DSC_1018.jpg

全長は若干、1.5mmほど短いですが、まあ良しとして、問題はタミヤのペガサス、細すぎない?という点です。胴体には構造やタンク等いろいろ付加されますが、それでもスカスカすぎる印象です。 実際、後部のノズルは2回りくらい細いです。
うーん・・・ タミヤのペガサスを仕込んだら一気にハセガワ最新モードのメカメカしいハリアーができると考えていたのですがどうも甘すぎたようです。
結局、ペガサスを再現するとするならスクラッチが必要、という結論です。これは結構ハードル高いです。
****************************************
ということで、悩んでいます。

スポンサーサイト

【2016/05/11 20:48】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

精力的な製作ですね~
XJunで~す
>次に触手…
実に精力的な製作ですね。
中休みするとケツが重くなるのも確かな気がします(笑)。

こちらは飛行機は連休中にエアフィックスのメッサーシュミットを作って小さいながら堪能したので久しぶりにAFVが続いています。
今はタミヤMMの古めのキットが細かな気を遣わずに楽しめます(笑)。

Re: 精力的な製作ですね~
sea trial  (公試)
> XJun殿
一つ一つにそれほど時間をかけていませんので、続けて行きます!
模型に飽きたら、模型で息抜き!

ちょっとハイ過ぎまする。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
精力的な製作ですね~
>次に触手…
実に精力的な製作ですね。
中休みするとケツが重くなるのも確かな気がします(笑)。

こちらは飛行機は連休中にエアフィックスのメッサーシュミットを作って小さいながら堪能したので久しぶりにAFVが続いています。
今はタミヤMMの古めのキットが細かな気を遣わずに楽しめます(笑)。
2016/05/12(Thu) 19:31 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
Re: 精力的な製作ですね~
> XJun殿
一つ一つにそれほど時間をかけていませんので、続けて行きます!
模型に飽きたら、模型で息抜き!

ちょっとハイ過ぎまする。
2016/05/12(Thu) 23:19 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters