After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
2機めのju-88です。
**************************************************
夜戦型G型がヤマを越したので、続いてA型を進めます。今度はこれぞju-88?うねうね迷彩にトライします。
DSC_0942.jpg
主翼から塗装を始めました。まずは右翼を大体仕上げてみて、雰囲気を確認しました。なかなかよい感じです。左翼は、まだまだまこれからで、うねうねが右より太いのもそのためです。

うねうね迷彩ですが、意外にも手早くできます。G型のまだら迷彩より短時間でできそうです。複雑であるがため、粗が目立ちにくいようです。ちなみにここまでで4時間位。 やはり、ブラシに比べると時間はかかりますが。

うねうねは、もっと細く複雑にも塗れそうです。そこは筆塗り、好きなようにできます。ブラシより自由度は格段に高いです。
**************************************************
すっかり食傷ぎみであった筆塗りですが、新たな課題を前にして、ちょっとやる気が復活しました。
スポンサーサイト

【2016/03/19 13:58】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

難しそう…
XJunで~す
>ウネウネ…
良い雰囲気に描かれましたね。
筆にしろエアブラシにしろランダムでかつウネウネが偏らないように塗るのは難しそうです。
さすがです。
根気の勝負のようですね。


sea trial  (公試)
>XJun殿
手本となるパターン図がないと、自己流のワンパターンに陥りそうで怖いところです。
胴体、尾翼とまだまだ残っています。まさに根気の勝負です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
難しそう…
>ウネウネ…
良い雰囲気に描かれましたね。
筆にしろエアブラシにしろランダムでかつウネウネが偏らないように塗るのは難しそうです。
さすがです。
根気の勝負のようですね。
2016/03/19(Sat) 18:37 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>XJun殿
手本となるパターン図がないと、自己流のワンパターンに陥りそうで怖いところです。
胴体、尾翼とまだまだ残っています。まさに根気の勝負です。
2016/03/22(Tue) 22:00 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters