After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今週末のF-94の進捗その2、機首のFCSベイです。
**************************************************
今回のF-94の山場は、塗装では全面銀塗であり、工作ではこのFCSベイになります。 コックピットの工作も大変ですが写真が十分にあるのでまあ時間をかければそれなりに出来そうです。 一方でこのFCSベイはとにかく資料が少なく、その状況下でいかにそれらしく作るか、という挑戦になります。

まずはベイとしての部屋から作っています。
DSC_0815_20151116210856ce9.jpg

DSC_0816_20151116210857978.jpg

左側のみカバーを開とし、見えない右側は作り込みません、悪しからず。
**************************************************
FCSベイは左右とも昔の白黒写真2、3枚位しか見つかりませんでした。鮮明なものはそのうち、左右各1枚のみ。これに正確さに疑問符がつく透視図が全資料となります。 レストア機が現存するのに、ここのカバーを開とした写真は見当たりません。 この部分はレストアされてないのでしょうか。 それでも博物館に行って自らカバーを開として写真を撮りまくれたらなあ、と夢想します。
スポンサーサイト

【2015/11/17 21:55】 | 模型-F-94
トラックバック(0) |

悩み…
XJunで~す
資料がこれでは悩ましいですね。
世間に資料が少ないということは決定的な作例もきっとないのでは…。

ならば尤もらしく合理的と思われる配線でも疑う人はいないようにも(ry」
完成するだけでも凄い機種選定に思えるんですが(;^_^A

私なら間違いなく「キット尊重」の名目で塗装に力をいれますm(._.)m
「いい色出してるね」と言われると嬉しい( 〃▽〃)私です。

Re: 悩み…
sea trial  (公試)
>>XJun殿
たぶん博物館の実機のそばにいる人のほかは誰も知らないと思いますので、気が楽ではあります。 一番怖いのは、大方できてから詳しい資料がでてくることですね。 なので、あまりに長い時間はかけず、それなりの時間でそれらしく作りたいと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
悩み…
資料がこれでは悩ましいですね。
世間に資料が少ないということは決定的な作例もきっとないのでは…。

ならば尤もらしく合理的と思われる配線でも疑う人はいないようにも(ry」
完成するだけでも凄い機種選定に思えるんですが(;^_^A

私なら間違いなく「キット尊重」の名目で塗装に力をいれますm(._.)m
「いい色出してるね」と言われると嬉しい( 〃▽〃)私です。
2015/11/19(Thu) 21:24 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
Re: 悩み…
>>XJun殿
たぶん博物館の実機のそばにいる人のほかは誰も知らないと思いますので、気が楽ではあります。 一番怖いのは、大方できてから詳しい資料がでてくることですね。 なので、あまりに長い時間はかけず、それなりの時間でそれらしく作りたいと思います。
2015/11/23(Mon) 17:38 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters