After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
Kitty HawkのF-94を始めます。
**************************************************
まずはやはりコックピットに手をつけねばなりません。 コックピットの要、シート、計器盤いずれも若干しょぼい出来ですので、それぞれ手を加えました。
DSC_0796_201510251820228b9.jpg

シートはキットの前・横のパーツを使い全体の箱組みを作り、そこにプラ板で座面、背板を、プラ棒でフレームを追加し、そのフレームにキットのヘッドレストを付けました。
DSC_0790.jpg

DSC_0792_20151025182019202.jpg
これにシートベルト、エアシリンダ、ボンベ、アームレストなどを追加すれば完成です。 結構エエ感じでできました、がもう一つ同じ工作をしなければならないのが辛いところです。

前席の計器盤はフルスクラッチしました。
DSC_0795_20151025182021e0c.jpg
計器の盤面はキットのデカールを使用しました。 ガラス板を模した透明プラ板がいい感じなんですが写真では分からんですね。あと盤の左上に、突き出たスコープ状のものを2個付ける必要があります。 
写真で見るとちょっと精度感に欠けるようですが、まあこんなもんでいいです。
**************************************************
タイトルの「4/200」は完成まで200Hを要する見積もりに対し、現在4Hという意味です。 一応5月を完成目標としていますが、となると11~4月に毎月30H分工作をする必要があります。 こりゃ辛いわ!
スポンサーサイト

【2015/10/25 19:06】 | 模型-F-94
トラックバック(0) |


パテ埋め地獄
こんばんは。
F-94、機首のロケット弾発射口が面白い形をしていているなと思っていたのですが、それ以外には全く知らない飛行機なのでどうなっていくのか楽しみです。
毎回思っていたのですが、制作開始時点で完成までの時間見積もりができるなんてすごいですね。キットを組み立てる前の段階でかなり作業のシミュレーションをしてるんでしょうか?

こ、こまかい…
XJunで~す
計器盤だけでも細かいですね!
私ならたちまち心が折れてしまいます。

申し忘れてましたが今月11日に神奈川で開催された「ろうがんず杯2015」に参加してきました。自由な発想による力作ぞろいで「こんな楽しみ方があるのか~!」と目からうろこの落ちる思いがしました。

Re: タイトルなし
sea trial  (公試)
>パテ埋め地獄殿
作り始める前に、どこにどれだけ手を入れるか考え、それぞれに所要時間を割り付け合計時間を予想しています。 製作を進めながら都度見積もりを見直します。
工期はずるずる延びることはしょっちゅうですが、延べ時間は着工時の見積に対し誤差20~30%というところで大体の目安になります。

ネタになりそうなのでいずれ記事にします!

Re: こ、こまかい…
sea trial  (公試)
>XJun殿
この機体は資料が少なく、また老眼バリバリのため、細部工作は思うようにいきません。ほどほどにします。
>
>「ろうがんず杯2015」、いいですねえ。首都圏はいろいろあって羨ましいです。 一度見に行きたいです。

ろうがんず杯2015
XJunで~す
昨年から始まったろうがんず杯ですがかなり遠方からも参加されてる方がいらっしゃいます。
とは言え首都圏はショップのコンテストも多いのは確かですね。
ちなみに大阪日本橋まで足を伸ばせばありそうですが~。

ろうがんず杯はJMCなどのコンテストと異なり「弾けた模型の楽しさ」を表現するのが趣旨なので言わばアリアリルールです。

さすがに次男さんの「ジュニア賞」(11歳以下)狙いは厳しいですかね。

ちなみに2014の全作品がwebで公開されています。

Re: ろうがんず杯2015
sea trial  (公試)
>>XJun殿
「弾けた模型の楽しさ」を表現する というのが難しいですね~。単によく手の入った作品ではなく、模型の楽しさを表現する・・・難しい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
F-94、機首のロケット弾発射口が面白い形をしていているなと思っていたのですが、それ以外には全く知らない飛行機なのでどうなっていくのか楽しみです。
毎回思っていたのですが、制作開始時点で完成までの時間見積もりができるなんてすごいですね。キットを組み立てる前の段階でかなり作業のシミュレーションをしてるんでしょうか?
2015/10/26(Mon) 20:54 | URL  | パテ埋め地獄 #xfEiCw62[ 編集]
こ、こまかい…
計器盤だけでも細かいですね!
私ならたちまち心が折れてしまいます。

申し忘れてましたが今月11日に神奈川で開催された「ろうがんず杯2015」に参加してきました。自由な発想による力作ぞろいで「こんな楽しみ方があるのか~!」と目からうろこの落ちる思いがしました。
2015/10/27(Tue) 21:36 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
Re: タイトルなし
>パテ埋め地獄殿
作り始める前に、どこにどれだけ手を入れるか考え、それぞれに所要時間を割り付け合計時間を予想しています。 製作を進めながら都度見積もりを見直します。
工期はずるずる延びることはしょっちゅうですが、延べ時間は着工時の見積に対し誤差20~30%というところで大体の目安になります。

ネタになりそうなのでいずれ記事にします!
2015/10/28(Wed) 20:10 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
Re: こ、こまかい…
>XJun殿
この機体は資料が少なく、また老眼バリバリのため、細部工作は思うようにいきません。ほどほどにします。
>
>「ろうがんず杯2015」、いいですねえ。首都圏はいろいろあって羨ましいです。 一度見に行きたいです。
2015/10/28(Wed) 20:13 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
ろうがんず杯2015
昨年から始まったろうがんず杯ですがかなり遠方からも参加されてる方がいらっしゃいます。
とは言え首都圏はショップのコンテストも多いのは確かですね。
ちなみに大阪日本橋まで足を伸ばせばありそうですが~。

ろうがんず杯はJMCなどのコンテストと異なり「弾けた模型の楽しさ」を表現するのが趣旨なので言わばアリアリルールです。

さすがに次男さんの「ジュニア賞」(11歳以下)狙いは厳しいですかね。

ちなみに2014の全作品がwebで公開されています。
2015/10/28(Wed) 23:36 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
Re: ろうがんず杯2015
>>XJun殿
「弾けた模型の楽しさ」を表現する というのが難しいですね~。単によく手の入った作品ではなく、模型の楽しさを表現する・・・難しい。
2015/10/31(Sat) 20:33 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters