After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
さあF-14も片付いたし、次は一機入魂!・・・ とはならず、肩の凝らない模型作りに逃避します。
**************************************************
ズベズダのIL-62です。ことしの正月に購入した記事を書いていますが、ここにきて作ることにしました。
DSC_0778_20151012122500459.jpg

これはもう非常に良くできたキットです。 仮組の写真は合いがイマイチでは?と見えるやもしれませんが、ゲートの処理をきっちりしていないだけで、全く問題ありません。
梨地の表面に施されたシャープで繊細なモールドはほれぼれします。あちゃらのキットをべた褒めした記事を模型誌でよくみます。実際のところはタミヤ、ハセガワには及ばない、というのがままあるパターンですが、これはすばらしいです。タミヤ、ハセガワとは方向性が異なりますが、実に楽しいキットです。それにしてもなぜウクライナでかような模型メーカーが育っているのか誠に不思議です。
DSC_0779.jpg

機体は見ての通り、見紛う事なきVC-10のパクリです。すがすがしいくらいクリソツです。なのでVC-10と同様にカッコいいです。風防に枠が多すぎるのがソ連機らしいところです。


キットの状態から特にここは手を加えようというような野心はさらさらなく、基本ストレートに組みます。 但し元々フラップが別パーツになってるので、ここは模型映えを優先し、そのままダウン位置にしようと思います。 搭乗ドアは?これを開位置とすると、タ
ラップを自作しなければならないので悩ましいところです。

問題は塗装です。 キットにはアエロフロートのデカールが付属していますが、まあこれがいかにも地味で1970年代の東側臭がプンプンします。 別売デカールを入手済みですが、これまた東側臭がほのかにするもので、どうしたものかと迷っています。
DSC_0780_20151012122503979.jpg

**************************************************
最近エアライナーが多いような気もしないでもないですが、軍用機は卒業なんていう気はさらさらなくて、その折々にカッコいいなあという機体を作るのみです。
スポンサーサイト

【2015/10/12 12:12】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |

飛行機は~
XJunで~す
>民航機…
ソビエトで民航機といっていいかはわかりませんが「綺麗なピカピカ仕上げ」がカーモデル同様デファクトのようでピカピカ仕上げで褒められこそすれ「ミニカーみたい」とは言われないように思いますが如何でしょうか。

AFVはウェザリングが賽の河原のごとくエンドレスになるので、結局自分が納得するところまで仕上げが続くのに対して飛行機の方がキリ(?笑)を付けやすい気がします。

私は明後日で試験が終わるので仕掛かり製作に戻ります。(まずはアリイ飛燕から、三菱F1は対艦ミサイルを買ってきました 笑)


公試
>XJun殿
表現のはばを広げるに、エアライナーのピカピカ仕上げもいいかなあ、と思っています。軍用機の迷彩は汚くて当たり前、とついつい粗っぽい仕上がりになり勝ちなもんで。
F-1楽しみです!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
飛行機は~
>民航機…
ソビエトで民航機といっていいかはわかりませんが「綺麗なピカピカ仕上げ」がカーモデル同様デファクトのようでピカピカ仕上げで褒められこそすれ「ミニカーみたい」とは言われないように思いますが如何でしょうか。

AFVはウェザリングが賽の河原のごとくエンドレスになるので、結局自分が納得するところまで仕上げが続くのに対して飛行機の方がキリ(?笑)を付けやすい気がします。

私は明後日で試験が終わるので仕掛かり製作に戻ります。(まずはアリイ飛燕から、三菱F1は対艦ミサイルを買ってきました 笑)
2015/10/16(Fri) 21:23 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>XJun殿
表現のはばを広げるに、エアライナーのピカピカ仕上げもいいかなあ、と思っています。軍用機の迷彩は汚くて当たり前、とついつい粗っぽい仕上がりになり勝ちなもんで。
F-1楽しみです!
2015/10/18(Sun) 19:20 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters