After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
6/1以来のYakです。
**************************************************
6/1に、残工事として、
1)外翼
2)開キャノピー
3)リフトジェット 開閉蓋
4)リフトジェット 排気口扉
5)脚アクチュエータ
6)脚扉
7)武装
8)アンテナ類
を記しました。このうち、1)2)3)4)7)が片付きました

1)外翼を塗装し取付けました。
取付部の面積が限られているため、接着強度が弱いです。

DSC_0698.jpg

DSC_0700_20150706214151fdc.jpg

2)はあれ?記してなかったっけ? できてます。あと、つけるだけです。

3)リフトジェットの上側の蓋は、見ての通りです。 レジンのパーツは子扉というか、小蓋といか、小さな開閉部が閉じた状態で面白くないので、キットパーツの開状態のものを使いました。

4)リフトジェットの下側の排気口扉はキットのパーツです。 開閉用アクチュエータは自作しました。

7)主翼にぶら下げる武装パーツとして、ロケット弾ポッド、大小計4個を作りました。 写真を撮り忘れた!ので次回主翼にぶら下げた状態で披露します。 なにが面倒って、別売デカールにやたらコーションがついてまして、このポッドも大ポッドで10、小ポッドで8、貼り付けました。

その他)
機体のコーションはまだ貼り付け終わってません。とにかく多いです。自分がコーションまみれの現用機に慣れていないだけかもしれませんが。
**************************************************
こちらの残りは、
・出来上がったキャノピーを付けます。
・残り少々コーションをはったらば、半艶クリアーを全面に吹きます。
・小さなアンテナ類や、姿勢制御の吹き出し口が残っています。
・脚カバーや、リンク類が残ってます。
・外翼折りたたみ部に配線を施したうえで塗装が必要。
以上、T-38よりやや残作業多く、7,8時間というところでしょうか
スポンサーサイト

【2015/07/08 22:24】 | 模型-Yak-38
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters