After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
モデルグラフィックスのマガジンキットの製作を進めています
**************************************************
インテイクです。 ダクトは左右2分割、ファンはなんと4分割です。 ファンはおくまったところに位置するため、普通に浮彫でよかったんですが。 なんとも贅沢なキットです。
DSC_0668.jpg

ダクトにファンを付けました。
DSC_0671.jpg
ダクトの左右接合線をきっちり処理するのは面倒くさいなあと思っていたのですが、胴体にセットしてみるとまず見えないので早々に切り上げました。

胴体と機首を接着しました。 正直、組み立てが難しいキットです。 合いはすこぶる良いのですが、とにかく分割が多いので、ちょっとしたことで次工程に響いてきます。
DSC_0683.jpg
ハセガワのキットの上に並べてみました。ハイライトでグローブ部の差異がよくわかります。 下のハセガワのグローブ部はふっくらしています。上のファインモールドはすらっとしています。 先端の逆Rはやはり うーん、です。

下面です。
DSC_0684.jpg
ハセガワのほうが脚庫が深いのはグローブの厚さではなく、脚庫の天板を上下どちらのパーツに割り付けているかによるものです。

インテークを正面から見ると
DSC_0685.jpg
やはりファインモールドはハの字がきついです。ファインモールドはハの字のきついインテークから折れ曲がり大きくグローブにつながり、平たいブローブは小さなRで終わる、という形です。
**************************************************
そういえば、手元のハセガワはD型のキットでした。
DSC_0687_2015062810455095e.jpgwidth="120" height="90" />

これは占めた!デカールを転用すれば目新しいD型に仕上げられる! キットの塗装図です。
DSC_0688.jpg
D型にクラシカルなガルグレイとホワイトの迷彩が施された記念塗装機のようです。 これは変わってる、よしよしとおもいデカールを探しますと、「あれ、どこにもない??」

このD型キットは積んでからはや15年くらいになるものと思いますが、いつのまにかデカールを紛失していました。あーあー。
スポンサーサイト

【2015/06/29 22:54】 | 模型- F-14
トラックバック(0) |

デカールが~
XJunで~す
>デカール…
飛行機モデルはデカールのウェイトが高いのでショックですねm(._.)m

私も先日●ックオフでダボハゼみたく食いついたFw190 A8 アイスメアにデカールがなくて別売のを買うはめになり却って高くついてしまいました((T_T))。
慣れんものに手を出すといけませんね。

ドイツ戦車だとデカールがなくてもどうとでもなるのに馴れていて墓穴を掘りました。


-
>>XJun殿
飛行機はデカールを変えるだけでオリジナリティー、というと大げさですが、雰囲気を変えることができます。大同小異なロービジのなかでハセガワのスペシャルマーキングは目立ってよかったんですが・・・ 残念です。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
デカールが~
>デカール…
飛行機モデルはデカールのウェイトが高いのでショックですねm(._.)m

私も先日●ックオフでダボハゼみたく食いついたFw190 A8 アイスメアにデカールがなくて別売のを買うはめになり却って高くついてしまいました((T_T))。
慣れんものに手を出すといけませんね。

ドイツ戦車だとデカールがなくてもどうとでもなるのに馴れていて墓穴を掘りました。
2015/07/03(Fri) 20:28 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
飛行機はデカールを変えるだけでオリジナリティー、というと大げさですが、雰囲気を変えることができます。大同小異なロービジのなかでハセガワのスペシャルマーキングは目立ってよかったんですが・・・ 残念です。

2015/07/06(Mon) 22:01 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters