After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
GWに結構模型に時間を割くことが出来た結果、その後、さっぱしやる気が湧かなかったのですが、そろそろ再始動すべしと、この終末に再起を期していました。 土曜は車の点検あり、日曜こそが模型三昧と思っていたのですが、急遽淡路島に出動するよう嫁子供に要請され、十分な時間をさくことが出来ませんでした。
**************************************************
またまたB787になります。 殆ど塗装がおわったので、いよいよ脚をつけました。
本キットの脚は前脚、主脚共に非常にきゃしゃです。 実機通もこうなのでしょうか、ちょっとハードな着陸をしたらすぐにぽっきりいってしまいそうです。
主脚柱は細いうえに長く、胴体、主翼を受けるにあたり非常に不安でしたが、主脚柱をサポートするリンク機構をつけるとずいぶんしっかりしました。これなら大丈夫そうです。実に変わったリンク機構ですが、実機もこうなんでしょうか?

DSC_0599_20150526215536d27.jpg

前脚も同様にきゃしゃです。こちらは補強となるリンクもなくこれで終わりです。

DSC_0600_20150526215537f5e.jpg

さて、これで全体を組んでみると・・・

DSC_0606_20150526215539868.jpg

DSC_0607_20150526215540431.jpg

立った、クララが立った! ということで昭和40年男は未来永劫このフレーズを繰り返す呪縛から逃れられない訳ですが、それはそれとして無事立ちました。 その立ち姿ですが、いやもうこれが美しい! 空を飛んでいた鳥がそっと地上に降り立ったようです。 これやから飛行機模型は止められませんなあ!

よく「飛行機は飛んでる姿が一番美しい」などといいますが、いやいや、地上に佇む姿も美しい!特にこの機体はのびやかな主翼のおかげもあって美しいです。
**************************************************
残りは脚カバー他。 数時間程度です。
スポンサーサイト

【2015/05/27 06:36】 | 模型ー787
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters