After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
モデルグラフィックスで3号連続企画のF-14マガジンキットが始まりました。
**************************************************
早速購入しました。
DSC_0618.jpg
今号は機首周りとエンジン少々です。
DSC_0621_20150526212504adc.jpg

DSC_0622_201505262125065c8.jpg

パーツを眺めただけですが、そりゃもう非常に細かくできています。 見たこともないような繊細なデティールのオンパレードです。 例えばサイドコンソールではスロットルレバーが別パーツになっています。製作に着手するまえにピンセットでパーツを4次元空間に飛ばさないよう、机周りのブラックホールを閉じる必要があります。
レーダー、バルカン砲、機首の電子機器等も再現されています。 通例、こういう内部艤装のパーツはおもちゃっぽい再現度に留まり、「パーツで見てる分には楽しいけど、真に受けてどや顔で見せるのはちょっと恥ずかしいわなあ」というものですが、いやいやどうして、いわゆる「細かく塗り分ければ十分の再現度」というやつです。

さて、来年のことを言うと鬼が笑う、もとい来月以降のパーツを言うとMGが怒る、かもしれませんが、ちょっと気になったところを。
全体の組立写真をみて気になったのは、ブローブのラインがちょっと堅くないですか?という点です。 インテイク上面からグローブにつながるところがちょっと鋭角に折れ曲がりすぎで、でもってグローブの上面が平面過ぎないかなあ。 私のイメージは、インテイク上面からもっと滑らかにグローブに繋がり、Rを描いてグローブ前縁に至るというものです。 実際にパーツを見てみないと何とも言えませんが。
という以前に、私、F-14のことが良くわかってません、そんなにしっかりしたイメージを持っていません。 そういう意見もある、というレベルです。

とにかく、これを機にF-14を作るのも悪くないなあと思いました。
よく考えれば中学生の頃に、ハセガワの旧版、凸線キットを作って以来、72,48いずれもF-14は作っていません。(72のストックはあります。 10年くらい前に144を作ろうとしたような・・・) そろそろ30余年ぶりのリベンジを果たす時なのかもしれません。
スポンサーサイト

【2015/05/26 21:28】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

F-14
XJunで~す
>F-14
学生時代は下宿だったのででかすぎて手が出ませんでした(MAXハセガワスカイホーク)

>四次元空間…
クリーンブースならぬビニル袋の中で作業するようですね。

プーマのホーンを異次元にワープさせたのは内緒です。


-
XJun殿
もう30年以上も前の話ですね。
大抵の場合、昔できなかったことが今はうまくできます。経験値と道具の進歩によるものです。
やるなら今かなあと。

とはいえ、視力と指先の感覚の衰えから4次元ホールの数は激増していますね。 広くて清潔な作業空間がほほしいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
F-14
>F-14
学生時代は下宿だったのででかすぎて手が出ませんでした(MAXハセガワスカイホーク)

>四次元空間…
クリーンブースならぬビニル袋の中で作業するようですね。

プーマのホーンを異次元にワープさせたのは内緒です。
2015/05/26(Tue) 23:19 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
XJun殿
もう30年以上も前の話ですね。
大抵の場合、昔できなかったことが今はうまくできます。経験値と道具の進歩によるものです。
やるなら今かなあと。

とはいえ、視力と指先の感覚の衰えから4次元ホールの数は激増していますね。 広くて清潔な作業空間がほほしいです。
2015/05/27(Wed) 21:59 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters