After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.

B787は主翼の基本塗装(白色)を終えました。 (前縁の銀は未だです)
**************************************************
今回、胴体はスミ入れ無しですっきりクリーンに仕上げたのですが、真っ白な主翼はスミ入れ無しではどうにも間が持たず、胴体と表現はことなるもののスミ入れを施すこととしました。
キットの筋彫りは非常に浅く、スミが流れることは期待できません。本来は最初からスミ入れに備え筋彫りを彫り直しておくべしたが、塗装し終わった真っ白な主翼をみて急遽決めたスミ入れであり、今更筋彫りできません。
ためしにカッターナイフで軽く罫書いてみたら、白色塗装が小さくペキペキ剥がれ慌てて止めました。 スミが流せないなら、書き込むか、そういえば昔、(今は休刊の)模型雑誌に鉛筆でスミ入れを施したスペインのモデラーによるF-4が掲載されていたなあと思いだし、シャープペンで書き込んでみました。 が、線の細さはともかく妙にぎらぎら目立ち本機塗装にはマッチしませんでした。ボツ。
ならば、ということで黒の極細ペンで書き込むことにしました。なんか一発勝負的で恐ろしい工程ですが、意外に失敗もなく、期待していた細めの黒線が得られました。 自分的には大成功でした。
2015041221162200.jpg

水平尾翼も同様の仕上げとしました。
**************
翼はこのあと、デカールを貼って、クリアを吹いて磨いて、前縁の銀を吹いて、となります。 翼が片付けば、脚周り、エンジンの磨き、くらいでしょうか。 本機にはこれまで25H程費やしていますが、あと8H程度と見込んでいます。 全工程の3/4を終え残り1/4というところです。もう少しです。
スポンサーサイト

【2015/04/12 22:50】 | 模型ー787
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters