After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
出張もあって少し間隔があきました。 B787の近況です。
**************************************************
British Airwaysの胴体デカールを貼り終わりました。 (主翼のコードは未だです) 今回使用したデカールはTwoSixDecalsというメーカのものですが、薄いけれど発色も良く、なかなか良いものです。 但し、ズベズダ用というものでは無いようで、ドアの四角、尾部の赤色等はキットのモールドに合致しません。 キットは筋彫りが浅いので、気にせずデカールを貼りました。
なんともしょぼい写真ですが。
2015032820561000.jpg

デカール貼りに続いて、胴体のクリア掛けを始めました。手始めに一番大きな垂直尾翼のデカールをクリアで固めました。
4回くらい吹きましたが、まだ厚みが足りんなあという感じです。 面倒ですなあ。

話しが前後しますが、今回塗装には胴体下面・エンジンの青色塗装はクレオスのキャラクターブルーを、赤色(デカールのタッチアップ)は同じくクレオスのシャインレッドを使用しました。 青色は最初ちょっと明るすぎたかなあと思っていましたが、デカールを貼ってみると、デカールの文字の青とよくマッチしました。キャラクターブルーは正解でした。赤色も(一番明るい赤を買っておけば調色が楽かなあ)程度でシャインレッドを選んだのですが、これがデカールの赤とびっくりするくらい一致し、デカールの上に瓶生のまま塗料を置いてもわかないくらいです。尾部はかなりタッチアップが必要なので、これには助かりました。

胴体に続いて翼も白色に塗装中です。大体白く発色してきました。 それにしても、機体はでかいし、白はなかなか発色しないし、で大変です。 先のクリア掛けと合わせ、普通に48位のジェットを塗装すのに比べ、3倍くらい手間がかかりそうです。 難度はそれほど高くない(というか、難度の低い手順しか出来ない)ですが、とにかく面倒です。
**************************************************
胴体のクリアに厚みができたら磨きます。その次は主翼のクリア掛け・磨きです。GWくらいに完成させられるのではと思っています。 完成したら、20代後半に出戻ってから最大の完成機になります。塗装無しで組むだけであった子供の頃にまでスパンを延ばしても、タミヤの1/100B-52に次ぐ大な機体になります。 ネオジム磁石により翼が分離可能となり、大型機(←あくまで自分の尺度です)製作の道が開いたおかげです。

同じようにタミヤ1/100 B-52を主翼分離としてリベンジ製作したいのですが、こっちは胴体と肩翼の主翼が比較的滑らかにつながっており、分離式は難しそうで、まだキット購入には至っていません。 何か良いアイデアは無いでしょうか?。
スポンサーサイト

【2015/03/30 21:38】 | 模型ー787
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters