After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
モデルアートを買いました。
**************************************************
2015-4.jpg
モデルグラフィックスは軽い読み物として毎月購入しているのですが、モデルアートは真面目なだけに中身をみて購入しています。 今月は飛行機模型のウェザリングが特集でした。
実は特集よりも 衣島氏のWL連載が終了ということが今号の一番の(悲しい)トピックです。自身の健康上の理由からということですが、実に残念です。1974年からの連載ということで40年の連載でした。 御苦労様でした。

今月は他に32のブロンコや48のビゲン、アオシマのアークロイヤル、それから懐かしのMID-4Ⅱ等、盛りだくさんに感じました。 ビゲンは欲っしいなあ!と思いますが、えらく高いので「買ってもまあ作らんやろう」とすっぱいブドウの論理で自分をごまかし我慢しています。 
**************************************************
UAMCから2週間。まだ「UAMC効果」は持続しています。 「やっぱり気合を込めた作品じゃないと!」ということで、久しぶりにP-40を引っ張り出して来て製作を再開しました。
尾輪周りの構造を作り、次いでコックピット側壁の艤装、胴体点検口内の艤装を進めています。P-40は現存機も資料もたくさんあり作り込む工作には何ら問題ないかと思っていたのですがそうでもありませんでした。 写真、機体によって機器のレイアウトがバラバラなのです。 コックピットの側壁に付く機器なんかは、日本ならば模型審議により決定した機器位置は各型を通じで変わりませんが、資料本、ネットの写真を見ると、これが見事にまちまちです。 色々な国で使用された機体ということで、オペレータによる差異なのか、使用時期によるものか、あるいはレストアの程度の差なのか。

側壁については、ハセガワはマニュアルの写真を正として再現しているようです。 何か拠り所をもってえいやっと決めないといつまでたっても先に進みません。
********************************
仕掛かりのYak-38、B787は並行して進めながら、GW頃には胴体を貼り合わせられたらなあと思っています。

スポンサーサイト

【2015/02/27 22:55】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

連合艦隊編成講座…
XJunで~す
私が高校生の頃からありましたから約40年の連載でしたね。

「こまごま作り込むよりコレクション」というコンセプトに飛びつき、三つ子の魂なんとやら…な私です。

衣島先生なくしてWLはここまで続かなかったのではないかと~。

これからは模型ファンがシリーズを支える番かもしれませんね。(^-^)/


taki
マジっすか。
衣島さんの連載終了ですか。
残念です。

私艦船もデラーじゃなかったけど
楽しみに見てました。
今、精密主義者に色々言われてますけど

リクエストスクラッチとか
別冊のときの徹底形状変更工作とか
他では見られない工作ばかりでしたよ。

大体が編成講座で、年式をそろえる
工作紹介が元々でしたもんね。

取りあえず、買います。

これってモデルアートに言うべき
かもしれませんね。
でわ



公試
>XJun殿
WL冬の時代には一人でWLを支えられ、今のWL隆盛は氏がバトンを繋いだおかげですよね。
連載をサポートしたモデルアートも偉いですよね。


>taki殿
編成をそろえる、というところがミソだったんでしょうか。精密工作というわけではなかったですが、ちょうどよい感じでしたね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
連合艦隊編成講座…
私が高校生の頃からありましたから約40年の連載でしたね。

「こまごま作り込むよりコレクション」というコンセプトに飛びつき、三つ子の魂なんとやら…な私です。

衣島先生なくしてWLはここまで続かなかったのではないかと~。

これからは模型ファンがシリーズを支える番かもしれませんね。(^-^)/
2015/02/28(Sat) 18:40 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
マジっすか。
衣島さんの連載終了ですか。
残念です。

私艦船もデラーじゃなかったけど
楽しみに見てました。
今、精密主義者に色々言われてますけど

リクエストスクラッチとか
別冊のときの徹底形状変更工作とか
他では見られない工作ばかりでしたよ。

大体が編成講座で、年式をそろえる
工作紹介が元々でしたもんね。

取りあえず、買います。

これってモデルアートに言うべき
かもしれませんね。
でわ
2015/02/28(Sat) 19:23 | URL  | taki #-[ 編集]
>XJun殿
WL冬の時代には一人でWLを支えられ、今のWL隆盛は氏がバトンを繋いだおかげですよね。
連載をサポートしたモデルアートも偉いですよね。


>taki殿
編成をそろえる、というところがミソだったんでしょうか。精密工作というわけではなかったですが、ちょうどよい感じでしたね。
2015/02/28(Sat) 22:53 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters