After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
最近、夜眠くなるのが早く、毎晩11時頃には寝入っています。
昼間は(今日は帰ってあの模型のあそこを作ろう)などといろいろ夢想しているのですが、いざ夜になると、(眠!模型なんか弄ってる場合やないわ、寝よ!)とそそくさと寝てしまいます。朝は早くに目がさめるのですが。 これが年をとるということでしょうか。
という状況で、模型の進捗はありません。お買いもの記事です。
**************************************************
1)ドイツ海軍ピクトリアルモデリングガイド
ドイツ
いつものことながら、この出版社の本は高いです。3400円くらいしました。
さて、中身はといいますと、・・・正直イマイチでした。 コストパフォーマンスが悪いです。
作例は専ら(駆逐艦以外は)著名なtakumi氏によるもので、それぞれに素晴らしいのは言うまでもないのですが、要はモデルグラフィックスに掲載した作例を再編集したもののようです。(どこまで初出かわかりません)
再編集にあたり、新たに製作にまつわる写真が追加されたとかいうことはなく、完成した姿のみで初出時以上にあっさりした内容です。 各艦作例記事以外についても、デティールアップパーツの紹介や、塗装の説明図は、別スケールの作例や、そういったものは全くなし。 モデリングガイドと言いながら、この素晴らしい作例にわずかでも近づく道筋はしめされていません。主題の独海軍戦艦以外に、英、仏、伊のカウンターパートたる戦艦も作例が紹介されていますが、これもモデルグラフィックスに掲載済み?
結論: 作例記事を集めて、岡部いさく氏のコラムを付して出来上がり。 これがビジネスモデルということでしょうか。

2)モデルグラフィックス 10月号
modegura.jpg
自衛隊の装備が陸・海・空について紹介されています。
飛行機はF-35、オスプレイ。いずれも配備は先ですが。 F-35はおっさんには不細工にしか見えないのですが、若い人には違って見えるのでしょうか。 艦艇はあきづき、ひゅうがにそうりゅう。それにしてもあきづきのカッコ良いことよ。そうりゅうの音響タイル(ゴム)はモールドがうるさすぎて逆に航走雑音発生源をつけているようです。 陸物は10式、パトリオット・パトリオットPAC3はかっこいいですなあ、でもキット高いんですよねえ・・・ 冒頭のドイツ艦本にはたいたお金でかえてたなあ。
しかしこうしてみると、(オスプレイはともかくとして)自衛隊に関わるキットがいろいろ出ていることに驚きます。 自衛隊に対する国民の関心の高まりによるものでしょうか。
**************************************************
最近キットを買ってないことに気付きました。  なにか買いたいフラストレーションがたまっておりますが、さて
スポンサーサイト

【2014/08/31 11:15】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


シミヤン
自分が作れないのは棚に上げ、私T氏の作品ってあまり好きじゃないんですよね~。
アフターパーツ使わないで作ったら
どれだけの作品作れるのかどうも疑問で・・。

どちらかというとアフターパーツも使われていましたが
自作パーツや工夫したパーツを多用、使われていた
O氏の作品のほうが好きです。

アオシマから戦車運搬車(74式戦車付)が出ますね。
運搬車輌好きの私は買いなんですがパトリオットは悩みました(結局買ってませんが (笑))


sea trial  (公試)
>>シミヤン殿
エッチングを多用されるtakumi氏の作風は好みが分かれるところですね。 私はエッチングの多用より、氏のちょっとがさつな感じの塗装が苦手であったりします。 

自分が作れないのは私も全く同じでありますが。

アオシマから、戦車運搬車はパスして、機動戦闘車が出ます! 私にはこれこそ間違いなく買いです!

パトリオットはどうしたものか・・・


イマイチみたいですね
XJunで〜す
この出版社の御多分に漏れず高価だったんで私は買わなかったんです。

ドイツ艦の場合色味が難しく、なかなか調色の参考になる記事がありませんね。

ドイツ艦は3年前にPrinz Eugenを作って以来ご無沙汰デス。


Re: イマイチみたいですね
sea trial  (公試)
>>XJun殿
私にとっては正直イマイチでしたが、エッチングを使いこなした作例が大いに参考になるとか、3千円?安過ぎ~なんて方もおられようかと思います。 人それぞれなんで。

ドイツ艦は独特のカッコ良さがあります。 合理的なデザインの米艦、情緒的な帝国海軍もカッコイイですが、独艦は合理性、情緒的を超えた、えも言われぬカッコ良さがあります。 うまく言えませんが。
いつかはものにしたいものです。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自分が作れないのは棚に上げ、私T氏の作品ってあまり好きじゃないんですよね~。
アフターパーツ使わないで作ったら
どれだけの作品作れるのかどうも疑問で・・。

どちらかというとアフターパーツも使われていましたが
自作パーツや工夫したパーツを多用、使われていた
O氏の作品のほうが好きです。

アオシマから戦車運搬車(74式戦車付)が出ますね。
運搬車輌好きの私は買いなんですがパトリオットは悩みました(結局買ってませんが (笑))
2014/09/02(Tue) 21:11 | URL  | シミヤン #-[ 編集]
>>シミヤン殿
エッチングを多用されるtakumi氏の作風は好みが分かれるところですね。 私はエッチングの多用より、氏のちょっとがさつな感じの塗装が苦手であったりします。 

自分が作れないのは私も全く同じでありますが。

アオシマから、戦車運搬車はパスして、機動戦闘車が出ます! 私にはこれこそ間違いなく買いです!

パトリオットはどうしたものか・・・
2014/09/03(Wed) 21:38 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
イマイチみたいですね
この出版社の御多分に漏れず高価だったんで私は買わなかったんです。

ドイツ艦の場合色味が難しく、なかなか調色の参考になる記事がありませんね。

ドイツ艦は3年前にPrinz Eugenを作って以来ご無沙汰デス。
2014/09/07(Sun) 20:23 | URL  | XJunで〜す #uYRd4Z.Q[ 編集]
Re: イマイチみたいですね
>>XJun殿
私にとっては正直イマイチでしたが、エッチングを使いこなした作例が大いに参考になるとか、3千円?安過ぎ~なんて方もおられようかと思います。 人それぞれなんで。

ドイツ艦は独特のカッコ良さがあります。 合理的なデザインの米艦、情緒的な帝国海軍もカッコイイですが、独艦は合理性、情緒的を超えた、えも言われぬカッコ良さがあります。 うまく言えませんが。
いつかはものにしたいものです。


2014/09/07(Sun) 22:34 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters