After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
夏休みでした。 私の勤め先は、夏休みが2回に分けてあります。 子供の夏休みの開始時期と盆休みの2回です。 ということで、一回目の夏休みは今日までの5連休でした。 子供の夏休み開始に合わせた時期ではありますが、ウチでは子供がクラブやら塾やら、ばらばらに予定があるので家族でまとまっての行動はとれず、結果家でごろごろ模型をいじったりしていました。 
**************************************************
連休の進捗その1
MC.200は前回からあまり変わっていないようですが、

1)脚を接着しました(前回は仮組だったような)。 カバーも付けました。
DSC_0828.jpg
このカバーが曲者で、カバー本体は1mm位の厚みがあります。48倍したらば50mm弱の装甲板か!というような代物です。かと思えば、主脚柱との取り合い部分はエッチングというアンバランスさ。 仕方なし、カバー本体には繊細なモールドが施されていますが、これを無視して削り込みました。 

2)ペラも接着しました(前回は仮組でした)。 

3)デカールをあちこち貼りました。デカールは薄くて発色、印刷も良くサイコーです。 
DSC_0827.jpg

4)カウリングの冷却器の銅色を塗り直しました。
DSC_0825.jpg
これは「シルバーに色を混ぜたらあかん、クリアーの赤、黄色をシルバーの上から吹いたらいい」というクラブの先輩の助言を受けての修正作業です。 手元に、いつ買ったか全く記憶のない真鍮色がありまして、これがシルバーと同じくらい粒子が細かく綺麗に光っていたので、これをベースにし、この上にクリアーの赤を吹きつけました。 結果、良い感じの銅色になりました。
**************************************************
ということで、いよいよ大体できてきました。 (面倒くさいなあ・・・)と後回しにしていた主脚カバーが片付いたので、後はそれほど面倒なアイテムは残っていないはず。  もう少し。
スポンサーサイト

【2014/07/23 09:15】 | 模型-MC.200
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters