After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
久し振り、5/2以来のMig25になります。が
***************************************************
見た目はほとんど変わりません。が、しかし、苦労しました。 排気ノズルの付け根のレジンパーツがキットとさっぱし合わず、「ロシア機もといソ連機ったらこんなもんじゃ」と知らんふりしようかと思ったのですが、この機体、結構お金もかかってますのでちょっと真面目にやるかと、パテを盛って均しました。 
DSC_0755.jpg

DSC_0756.jpg

DSC_0757.jpg

これに結構時間がかかりました。 盛ってサーフェイサーで確認して直し、のサイクルを回して、何とかそれらしくなりました。 そういえばサーフェイサーを吹くなんちゅうことが、珍しいのです。 普段は傷何ぞ気にせずさっさと塗装するのですが、今回、MC.200も含め真面目仕様でやってます。

展示会でよそ様の作品を見て、「綺麗に仕上げてあるなあ」と感じ入ること多々あり、最近ちょっと手を抜き過ぎ違うか?と反省しサフ何ぞ吹いてみました。 まあ、銀塗装するわけでもないので、徹底した仕上げでもなくかなりいい加減ですが、自分としては結構真面目モードです。

***************************************************
これでいよいよ塗装に移ります。
スポンサーサイト

【2014/06/01 10:07】 | 模型ーMig25
トラックバック(0) |

サフェーサ
XJunで~す
>サフェーサ…
私の場合水性アクリルを多用することもありまして、なるべくサフェーサを吹いています。

サフェーサがないとどうしても塗膜が透けたり、地色に負けて発色が悪かったりします。
(戦車色や軍艦色でも地色に負けます)

塗装も奥深いですね。


公試
>>XJun殿
私は専らクレオスのラッカーです。隠ぺい力があるので、サフの必要性を感じることはあまりありませんでした。 今回はちょっと真面目にやってます。
筆塗りの下地にはどうなんでしょうか??

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
サフェーサ
>サフェーサ…
私の場合水性アクリルを多用することもありまして、なるべくサフェーサを吹いています。

サフェーサがないとどうしても塗膜が透けたり、地色に負けて発色が悪かったりします。
(戦車色や軍艦色でも地色に負けます)

塗装も奥深いですね。
2014/06/02(Mon) 21:13 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
私は専らクレオスのラッカーです。隠ぺい力があるので、サフの必要性を感じることはあまりありませんでした。 今回はちょっと真面目にやってます。
筆塗りの下地にはどうなんでしょうか??
2014/06/05(Thu) 00:13 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters