After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今更ながらGWが終わってしまいました。 次の祭日は7月、海の日? えらく先やなあ・・・
******************************************************
GWの成果;

1)Bf109G
ブラックホールに吸い込まれ4次元空間のかなたに旅立ったキャノピーが、作業机の横の隙間から出現しました。 良かった!パーツ請求せずに済みました。
早速、防弾ガラスをセットし、キャノピーを塗り分け、今回は閉位置に取り付けました。
DSC_0700.jpg
と、ここで照準器をまだつけていなかったことに気づき、接着したキャノピーを剥がし取りました。写真は剥がしたキャノピーを改めて載せた状態です。キャノピーが若干浮き気味なのはそのせいです。ここで一気にやる気が失せてしまいました。気を取り直し、脚を付けました。 脚カバー(本機は上のみ)、ブレーキホースは未。
ここまで来ると、もう残りが面倒になるばかりで進まないことこの上なし。連休中の完成はならず、5月中の完成を目指します。

2)Mig25
前回記事をしたためて以降ほとんど触らず。 まあ、塗装の手前まで来ているので、ここまでくれば。 
DSC_0693.jpg
取り寄せの注文をしていた排気ノズルと脚柱パーツは本日入手出来ました。塗装に時間がかかりそうなので、6月中の完成を目指します。

3)上記2機に続いて、そろそろP-40に本格着手、と行きたいところですが、ずるずると先送りしています。 その代りにこの連休中、こいつをいじっていました。
DSC_0687.jpg
イタレリの1/48 MC.200です。 筆塗塗装にぴったりでは、ということで、在庫から引っ張り出してきました。
出来は、まあ、それなり。 パーツはシャキッとせず、合いはピタッとせず。かといって、放り出したくなるほどひどくもなく。
DSC_0690.jpg
エンジンはプッシュロッドをプラ棒に置き換えて(パーティングラインが目立ち、かつ、太さもびしっとしていないため、置き換えた方がよっぽど早い)、プラグコードを糸鉛で付けました。 ちなみに本機のエンジンはプラグコードの集束管が前方になく、プラグコードは後ろに導かれていきます。ほう。
プロペラももっさりしているので、ペラを切り離し、中心部のデティールをプラ材で作り直しました。

ここまではともかく、これはどうだ!
DSC_0689.jpg
フラップが別パーツになっているので、それならフラップダウンとするかと、手を加えるでもなく取り合えず塗装してスミ入れしてみたのですが、騙されました。
模型クラブの月例会に持っていったら、「胴体の下の部分もフラップの一部で、同時に下がる」との御指摘。 なんと。外側だけ別パーツにして下げ位置にするのはおかしいと。 くー、イタレリに騙された。自国の機体ならもっとまじめに作れよ! フラップダウンは諦め、格納位置にします。
******************************************************
いいペースですが、これから出張が続くので、ペースダウンしそうです。残念。
スポンサーサイト

【2014/05/11 21:19】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

イタレリは…
XJunで~す
>イタレリ製品…
AFVや1/72の飛行機(シュツーカ二機)を作りましたが、イタレリはディティールは基本アレ(丿 ̄ο ̄)丿な出来ですが、全体のデッサンというか実機の雰囲気を捉えているというか…、私みたいなライトユーザが気晴らしに作るにはいいようです。

ガチで作るときっとストレスフルだと思いますがいかがでしょうか?


公試
>>XJun殿
私にとってのイタレリはまだイタラエレイと呼ばれていた中学の頃、憧れのAFVキットメーカーでした。実際に作ったことはなかったのですが、何やらタミヤとは異なるテイストの素晴らしいキットらしいということでした。

今この年になってイタレリのキットを手にすると、うーん、まあ悪くないけどタミヤ・ハセガワがあるなら敢えて作るメーカーでは無いわなあ、という感じですね。






コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
イタレリは…
>イタレリ製品…
AFVや1/72の飛行機(シュツーカ二機)を作りましたが、イタレリはディティールは基本アレ(丿 ̄ο ̄)丿な出来ですが、全体のデッサンというか実機の雰囲気を捉えているというか…、私みたいなライトユーザが気晴らしに作るにはいいようです。

ガチで作るときっとストレスフルだと思いますがいかがでしょうか?
2014/05/11(Sun) 23:07 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
私にとってのイタレリはまだイタラエレイと呼ばれていた中学の頃、憧れのAFVキットメーカーでした。実際に作ったことはなかったのですが、何やらタミヤとは異なるテイストの素晴らしいキットらしいということでした。

今この年になってイタレリのキットを手にすると、うーん、まあ悪くないけどタミヤ・ハセガワがあるなら敢えて作るメーカーでは無いわなあ、という感じですね。




2014/05/12(Mon) 23:37 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters