After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
ゴール目指して小物推進中。
******************************************************
1.排気管
排気管は、以前売ってたモスキットの金属製がベストでしたが、今はもう無いよう。 レジンを探して買うか、昔作ったも一つぱっとしない作品からモスキットをむしり取るか、あるいは真面目にキットのパーツを開口するか。 キットのパーツも悪くなく、ドリルで両端に穴をあけ、ナイフでつないでやればよい。それは解ってて、難しい工作じゃあないんですが、何分面倒くさい。 模型製作はこの面倒なステップの積み重ねこそが大切なのは解っているつもりですが、それにしても面倒くさい。
リューターでちょいちょいと出来ないものか、ものは試しでやってみたらば、案ずるより産むがやすしであっけなく出来ました。12気筒が10分かからずで。ひとつ悩ましい問題が片付きました。
DSC_0628.jpg

2.主脚
主脚は太いタイヤのタイプになります。 伸縮部はミラーフィニッシュを使いましたが、いまいちですなあ。そもそもキットパーツにはこの部分にテーパーがついてて、そりゃおかしいやろうと。 あるべき姿はメッキパイプに置き換えですが、まあ今回は塗装メインということでそこまでするまでもないと自分を納得させ良しとします。
今回の機体は、タイヤ周りのカバーが無く、脚柱のみにカバーがつくようです。となると、タイヤ周りのブレーキホースは目立つので省略できんなあ。 これはズルできんようです。
DSC_0630.jpg

3.その他の残工事
忘れないように書き留めておきます。
・過給機インテイクの塗装
・主脚取り付け(ブレーキパイプ、カバーの工作を含む)
・尾輪塗装
・キャノピーの塗装、取り付け(防弾板を含む)
・照準器(レジンのアフターパーツの手持ちなかったか)
・アンテナ線、モラーヌアンテナ
・ピトー管(アフターパーツの手持ちなかったか。金属線で作るか)
・機首の機銃(キットのパーツで済ませます)
・機番の塗装(使えそうなデカールを探すか)
・翼端灯(今回は塗装で済ませます)

この中で一番困っているのは・・・・・・

風防を無くしました・・・orz またかよ。 エウラハウベ風防は以前にも3個くらいパーツ請求した覚えがあります。
そもそも今回追加でK型を購入したのも、主翼パーツと併せて、風防パーツ補充が目的の一つであったはず。 一体、机のまわりにはいくつ4次元ホールだかブラックホールだかが存在するのやら。 きっとそのブラックホールの出口たるホワイトホールには、ハセガワのエウラハウベ風防パーツが数個転がっているはずです。 仕方がないので、またまたパーツ請求します。 パーツ請求は家に届くのが嫌なんですよねえ。しっかりした大きめの箱で届くので、「あ、また何か買ってる」と家族の冷たい視線が。やだやだ。
******************************************************
パーツ請求にちょっと時間がかかるとして、完成はGW明けくらいを目標に頑張ります。



スポンサーサイト

【2014/04/19 10:04】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters