After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
Bf109Gの完成がうすぼんやりと見えてきましたので、そろそろ新たな機体に着手します。
******************************************************
Mig25は今しばらくかかると思いますので、並行して進めます。飽きっぽいので、2機並走くらいがちょうどよいかと。モノはハセガワの1/48、P-40Eです。 AlphaJetやT-38,Ju87A,Jaguarなど、最近ちょっと味見したキットは多数あるものの、敢えてのP-40になります。 傑出した機体ではありませんが、道具としてはよくできた機体であったのだろうと思います。

子供の頃は、アゴの冷却器を見て、「なんと不細工なヒコーキ」と小ばかにしたものですが、年を取ると人間が丸くなり、不細工も個性と受容できるようになるものです。思い入れのない機体ではありますが、エンジンや機銃など手を入れ、一機入魂として取り組みたいと思います。 昨年の一機入魂機、A-1Hは3割程度の進捗にてモスボール保管とします。 いつかきっと再開したいものです・・・・

キットは最近のハセガワのものですが、それでももう10年くらいになるのでしょうか。よくできたキットです。何が良いってやわらかいプラが最高です。スカスカ切れます。 バターにナイフを入れるよう、というやつです。 製作のとっかかりに、まずはエンジンを載せるべく機首を切り離し、胴体左側面の点検口を開口しました。 P-40の胴体点検口は、Bf109、疾風のそれとあわせ、WW2戦闘機3大点検口と賞されています(ウソです)ので、胴体内部を作りこみ見せ場の一つとしたいところです。
DSC_0626.jpg また画像が縦やし・・ なぜ? 画像に撮影時のカメラの向きとかが属性として付加されてんのかしらん

キットは尾部、操縦席後部がそれぞれ別パーツとなっていますが、胴体内部を作りこむ必要性もあり、早々に接着してしまいました。内側はその接着部の均し中です。

DSC_0627.jpg これも縦か。
******************************************************
5月~12月、8か月の工期をもって年内完成を目標に進めたいと思います。
スポンサーサイト

【2014/04/15 07:35】 | 模型-P-40
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters