After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
落とし穴がありました。
*******************************************************
製作中のG-10型は、手元にあったG-10型のキットに、本で見た別の塗装を施しているわけですが、どうも同じG-10でも違うようです。 どこかといいますと、主翼のバルジです。 胴体の塗装がほぼ出来たので、主翼の塗装を始めようかと本の塗装図を見ると、あれ? バルジのかたちが違う?? 
使っているキットはこれです。
DSC_0597.jpg(なぜ横を向く?)

キットには、水ぶくれみたいなぷくっとしたバルジが入っていたのでてっきりこれがG-10というものと思っていたのですが、参考にしている本の絵を見ると、当該機のバルジはK型とおなじ、大きくて広いまったり型のバルジのようなのです。
DSC_0599.jpg

私はG型はぷっくり、K型がまったりかと思っていたのですが、違うのか!? 同じG-10型でも違うのか!? ほんまかいな、と本塗装の実機写真を見ると、成る程、まったりしたバルジが見えます。(一番奥が実機です)
DSC_0600.jpg
注;実機はめちゃくちゃ薄汚れています。今回は薄汚れる前のそこそこ綺麗な状態を想像した塗装としてます。

混乱してきたので、ならばG-10型というのは何なのか、と懐かしのエアロデティールを引っ張り出してきて確認したところ、
1)そもそもG-10はDB605Dエンジンにあわせて、K型の様な大きな機首のバルジ
2)重いエンジンのため、タイヤは太いタイプ
3)なので主翼のバルジはまったり型
4)尾輪は格納しないが支柱は長く、
5)アンテナ支柱はなし
というのがそもそものG-10のよう。 なんと、尾輪を格納しない他、外形的にはK-4そっくりじゃあないですか。 しかしながらややこしいことに、実際のところは、薄いタイヤでぷっくり主翼バルジの機体もあるし、短い尾輪支柱もあるし、アンテナ支柱あり もある、とまあエンジン回り以外何でもありのようです。

今回の機体は上記1)~5)の特徴に対し
1)該当
2)該当
3)該当
4)非該当(短い)
5)該当
と、そもそものあるべきG-10に近いものでした。 どうやら使用したキットがG-10でも変りものであったようです。

となると、仕方ない、まったりバルジの主翼を得るべく、K型メッサーを買うか・・・ まったく心踊らない買い物です。ハセガワの48メッサーを買うのは一体何機目やら、と思いつつ仕事の帰りに模型屋によって、K型を買いました。 まあ、どうせキャノピーとスピナーも買う必要があったし、スペアパーツ一式を買ったと思い諦めよう、残ったパーツは使えるし。
DSC_0598.jpg
おっ、このK型の塗装もカッコええなあ・・ 部品どりしても胴体が残るので、いずれこの塗装で作ってみるか、となると主翼とキャノピーとスピナを得るべく、またまたハセガワメッサーを買わにゃならんなあ!  きりがない。


スポンサーサイト

【2014/03/11 22:13】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


シミヤン
お久しぶりでございます。
ハセガワ48Bf109キットを調べるなら
ここがおすすめです。
(面倒なら翻訳昨日で開けば楽です)
どのパーツが入っているか、
新旧どのキットか、
デカールは何が入っているか(文字だけですが)
箱絵からチェックできます。

エッチttp://www.amarc.dk/index.php?option=com_content&view=article&id=81%3Ahasegawa-148-bf109-kit-overview-intro&catid=17%3Amesserschmitt-bf109-modelling&I




シミヤン
翻訳昨日→翻訳機能です。(誤変換・・汗)



taki
下面銀色ですか。筆塗には厳しいですね。

モノグラムクローズアップのカラー写真の
機体でしたか。胴体の黄帯にいまさら気づき
ましたよ。

メッサー後期はタイプ分けがぐらぐらでそこが
面白くもあるんですけどね。

頑張ってね。


公試
>>シミヤン殿
お久しぶりです。 変らず手を動かしています。
教えて頂いたサイトを覗いてみました。私の特別仕様G-10も載ってますね。それにしてもハセガワは異常に沢山のバリエーションを出してますね、びっくりしました。G-10だけで七つ!

しかしまあ、広い世界にはいろんなことをフォローしている人がいるものですね。



公試
>>taki殿
薄汚れた実機を再現出来ていないんで、「なんだあれか!」と思われることと思います。いいんです、オレ仕様ということで。

下面銀色はしんどいですか。まあ、つらくなったらいつでも吹きつけに逃げます。100%筆塗り仕様なんてこだわりはありません。

頑張ります!

飛行機でもアリアリ?
XJunで~す
>メッサーK4…
コクピのグレーを塗ったところで止まってます(窮)

AFVだと走りさえすれば在庫パーツ流用で製造した話はわかるんですが、飛行機は飛ばす以上やたらなことはないと思っていましたが、やはりありもの二個一とかで飛ばしていたんでしょうか?

水冷エンジンはやはり飛燕よりメッサが格好いいですね~♪


公試
>>XJun殿
飛行機も再生機ってありますね、朝鮮戦争の胴体前後で塗装の違う二個一のF9Fが有名ですね。

K型なんかの末期メッサーの尾部は塗装済みで納められたので、塗装が不連続ですね。この機体もそうなんだろうと思います。

DBエンジン搭載機はメッサーも、3式戦も、マッキもチェンタウロもどうれもかれもカッコイイです!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりでございます。
ハセガワ48Bf109キットを調べるなら
ここがおすすめです。
(面倒なら翻訳昨日で開けば楽です)
どのパーツが入っているか、
新旧どのキットか、
デカールは何が入っているか(文字だけですが)
箱絵からチェックできます。

エッチttp://www.amarc.dk/index.php?option=com_content&view=article&id=81%3Ahasegawa-148-bf109-kit-overview-intro&catid=17%3Amesserschmitt-bf109-modelling&I

2014/03/12(Wed) 00:32 | URL  | シミヤン #-[ 編集]
翻訳昨日→翻訳機能です。(誤変換・・汗)
2014/03/12(Wed) 00:34 | URL  | シミヤン #-[ 編集]
下面銀色ですか。筆塗には厳しいですね。

モノグラムクローズアップのカラー写真の
機体でしたか。胴体の黄帯にいまさら気づき
ましたよ。

メッサー後期はタイプ分けがぐらぐらでそこが
面白くもあるんですけどね。

頑張ってね。
2014/03/12(Wed) 07:17 | URL  | taki #-[ 編集]
>>シミヤン殿
お久しぶりです。 変らず手を動かしています。
教えて頂いたサイトを覗いてみました。私の特別仕様G-10も載ってますね。それにしてもハセガワは異常に沢山のバリエーションを出してますね、びっくりしました。G-10だけで七つ!

しかしまあ、広い世界にはいろんなことをフォローしている人がいるものですね。
2014/03/12(Wed) 19:48 | URL  | 公試 #-[ 編集]
>>taki殿
薄汚れた実機を再現出来ていないんで、「なんだあれか!」と思われることと思います。いいんです、オレ仕様ということで。

下面銀色はしんどいですか。まあ、つらくなったらいつでも吹きつけに逃げます。100%筆塗り仕様なんてこだわりはありません。

頑張ります!
2014/03/12(Wed) 19:51 | URL  | 公試 #-[ 編集]
飛行機でもアリアリ?
>メッサーK4…
コクピのグレーを塗ったところで止まってます(窮)

AFVだと走りさえすれば在庫パーツ流用で製造した話はわかるんですが、飛行機は飛ばす以上やたらなことはないと思っていましたが、やはりありもの二個一とかで飛ばしていたんでしょうか?

水冷エンジンはやはり飛燕よりメッサが格好いいですね~♪
2014/03/14(Fri) 22:06 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
飛行機も再生機ってありますね、朝鮮戦争の胴体前後で塗装の違う二個一のF9Fが有名ですね。

K型なんかの末期メッサーの尾部は塗装済みで納められたので、塗装が不連続ですね。この機体もそうなんだろうと思います。

DBエンジン搭載機はメッサーも、3式戦も、マッキもチェンタウロもどうれもかれもカッコイイです!
2014/03/15(Sat) 22:32 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters