After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
やたら寒くて、部屋にこもって模型、なぞする気になりません。 リビングの炬燵から出れません。塗装すりゃ乾かんし、暖かい春が恋しいですね。

Bf109Gは胴体の塗装を9割方終えました。
******************************************************
大体、右と左の感じが揃ったのでこの辺で良しとします。

DSC_0595.jpg


DSC_0596.jpg

もっさりしがちな筆塗において、なるべくそうならないよう、クリアー分を除いて細筆で塗装する田中式を参考に塗装してますが、そこは、ど素人、かなりこってりしています。 模型クラブの例会にに持っていくと、「絵を描いているよう」という感想を頂きました。 なるほど、模型に塗装をするというよりかは、キャンバスに絵を描くようではあります。

ここまでの感想
やはり、白、黄色が難しいです。黄色はもともとの瓶ナマで塗ると発色悪く暗くなってしまったので、白、赤を混ぜて明度、彩度を上げて塗装しました。白はそういう手が使えないので白を塗るしかありません。泣かないよう慎重に色を
置いていく感じで。

モットリングは、ビギナーとしてはまあこんなもんじゃろう、としか言えません。 離れて見る分にはよさげです。

ここまでで、おおよそ15時間くらい!かかったのではと思います。 大変です。 ですが、デカールがなくてもかっこいい塗装図だけあればその機体を再現できるというのはなかなか良いものです。(ちなみに私の塗装は実機とはあまり似てません)

次はコックピットを作って下から挿入するべく準備中です。 並行して主翼の塗装を始めたいと思います。主翼塗装は胴体に比べれば簡単そうですが、何分面積が広いので大変そうです。

ちなみに、キャノピーとスピナーの部品がありません。 K型を作る際、カニバリズムの犠牲となったようです。 よく覚えてません。 もう少し進んで完成が見えてきたら部品購入せねば。


スポンサーサイト

【2014/03/10 20:02】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


taki
いい感じになりましたね。
黄色は、綺麗に発色した白の上に塗ると、きれいに
塗れますよ。これ本当。あとは専用筆を使うと
色が混ざらないのでいいかも。

あと、薄い色のほうを濃い色の上に重ねてぼかしを
入れるほうが、一様の幅のぼかし入れやすいですよ

使ってるテクニックは違いますから絶対ではない
ですけどね。ドイツ機の翼はぼかしあまり気にしなくていいからサクッとお願いしますね。


公試
>>taki殿
 成る程、いろいろノウハウがあるんですね。
濃い色の上から薄い色、というのは今回自分でも発見しました。遅きに失したという感じですが。
黄色がシンナーの汚れに影響されやすいというのも今回感じました。ふむふむ。
 胴体が出来たので、このまま完成まで持ち込みたいものです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いい感じになりましたね。
黄色は、綺麗に発色した白の上に塗ると、きれいに
塗れますよ。これ本当。あとは専用筆を使うと
色が混ざらないのでいいかも。

あと、薄い色のほうを濃い色の上に重ねてぼかしを
入れるほうが、一様の幅のぼかし入れやすいですよ

使ってるテクニックは違いますから絶対ではない
ですけどね。ドイツ機の翼はぼかしあまり気にしなくていいからサクッとお願いしますね。
2014/03/10(Mon) 21:54 | URL  | taki #-[ 編集]
>>taki殿
 成る程、いろいろノウハウがあるんですね。
濃い色の上から薄い色、というのは今回自分でも発見しました。遅きに失したという感じですが。
黄色がシンナーの汚れに影響されやすいというのも今回感じました。ふむふむ。
 胴体が出来たので、このまま完成まで持ち込みたいものです。
2014/03/10(Mon) 22:13 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters