After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
1) パブラの1/72 Mig25RB型の機首セットが入荷したとの連絡が模型屋さんからあり、引き取ってきました。 キットのプアーなコックピットにちまちま手を加えるのは面倒なので近道としてレジンパーツを購入しました。
DSC_0556.jpg
 中身はレジンの計器盤、サイドコンソール等の付いたバスタブ型フロア、射出座席、バキュームのキャノピー、及びレジンの機首レドームのセットです。 RB型へ改造する機首セットではなく、計器盤、バスタブ、射出座席だけのP型用コックピットセットもあったのですが、費用差がしれてたのでこちらにしました。 RB型には泥臭い3色迷彩機があり、グレーの単色塗装のP型よりカッコいいので、あわよくば改造してやろうという下心があります。 RB型は機首がしゅっとしていて、どちらかというと、グラマラスなP型の方がこのみではあります。(左がキット、右がパブラのRBのパーツ)
DSC_0560.jpg
ただパーツの機首レドーム以外にもく、主翼の前縁や尾翼のアンテナ等にも自主的に改造が必要なようですが、まあ何とかなろうかと。
 肝心のパーツの出来はというと、そこはやはりパブラ、と思いきや、意外に細かく良く出来てました。塗装すれば精密感満点になろうかと思います。 よい近道をしました。

2) その模型屋さんに、P-40に積もうと考えている1/48アイリスのV-1710の在庫がありますよ、ということで、ついでに買いました。 P-40製作の行き足が付いたら買おうという当初の考えはすっぱり捨て、逆に、行き足をつけるべく購入しました。
DSC_0558.jpg
こちらはアイリス、初期のものとはいえ良く出来てます。 P-40に合せて支持架や配管類を追加してやればかっこよくなりそうです。なんかやる気が湧いてくるわ!
ちなみに、値札シールの値段が日焼けして消えていました。人気ないんやなあ、V-1710エンジンなんて。

3) スケールアビエーションが出ていました。
特集は帝国海軍機。 永遠のOを受けての特集でしょうか、IJNはどうせ濃緑色しか
塗装はないし、正直目新しさに欠ける印象です。グラビアのギャルは好みではありませんでした。
スポンサーサイト

【2014/02/16 20:36】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters