After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
だらだら長い文章のみで写真はありません。
******************************************************
Mig25をちまちまのんびり作ってますが、ここ一週間寒くて寒くて作業出来てません。オリンピックも始ったし。 とはいえ、そろそろ気合を入れた模型作り「一機入魂」路線を再開しようかと思います。先日四国で沢山の素晴らしい作品を目の当たりにし、何時までも数合わせを作っていてもしょうがない!とモチベーションは最近になく高まったのですが、さて何を作ろうか、なかなか決めかねていました。

JMCという強力な尻叩きを失った今、放置プレーに至ったA-1Hを見るまでもなく、気合を入れて1機仕上げるのは私には相当にしんどいです。 なので、一機入魂と言いながらもハードルを極力下げ、1)余り大きくなく、2)ベースキットの出来がよく、3)資料が豊富で見せ場を簡単に作れる機体 を作ることにしました。 (A-1Hの放置は、尻叩きを失ったのが最大の要因とはいえ、ちょっと大き過ぎ、ベースキットがちょっとしんど過ぎた のも一因という反省に立っています。)

この一週間、あーでもない、こーでもないと迷っていた機体としては、モノグラムの1/48 Bf110は大きすぎ、ハセガワの1/32P-26は資料がちょっと足りない、レベルの1/72 He177は見せ場が難しい、ハセガワの1/48 T-4はなんか燃えない というあたりなんですが、結局消去法で残った機体は、なんとハセガワ 1/48 P-40です。 なんじゃそりゃ~。

ハセガワのP-40のキットは、数年前、HawkerTyphoonと同時期に購入済みです。当時TyphoonをつくるかP-40を作るか大変迷ったのですが、不細工な両機においてまだしもマシなTyphoonに流れた経緯があります。 P-40は個人的には不細工かつ平凡な機体のイメージがあります。カーチス没落の始まりの機体との理解です。

実機はさておき、キットを改めて見てみると、とても良く出来てるなあと感じました。 2000年前後の発売かと思います、この頃のハセガワ48はちょっと暗めのグレーの柔らかいプラでちょっとクドめのモールドが特徴かと思いますが、Typhoon、P-40、P-39、4式戦、紫電改、と、次々と素晴らしい出来で発売されました。 F-104なんかもそうですね。 唯一のはずれが一式戦でしょうか。 

さて、どう作るかですが、一機入魂ということでテンコ盛り仕様で進めたいと思います。 具体的には、エンジン回りはレジンエンジンを中心にスクラッチし、主翼機銃庫、フラップもスクラッチ、その他コックピット、脚庫あたりはキットパーツをもとにデティールアップ と妄想全開です。 壮大なネバーエンディングな物語ですが、数年前のTyphoonと同じようなスペックなので技術的には出来るハズと思います。 エンジンは現時点では未購入、行き足がついたらば購入します。

問題はTyphoonをものにした数年前に比べ、視力の衰えが著しいことです。 現在の自分に、かつてのパフォーマンスが発揮できるか? 同い年48歳の現役投手、中日山本昌の気持ちです。
******************************************************
目下のMig25をGWくらいを目途に完成させ、本機については年内を目標に頑張るつもりです。 さてどうなりますやら。

スポンサーサイト

【2014/02/12 22:00】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

一機入魂…
XJunで~す
「数打ちゃ当たる式」の私とは対極の製作でありますね~。

たくさん作るなかでちょっとずつスキルが上げられればと思いますが飽きっぽい性格ゆえ、作り飛ばしております^^;

最近さらに脱線して船酔いモードであります。


sea trial  (公試)
>>XJun殿
船も、AFVも模型はたのしいですよね~。
模型は趣味なので要は本人が楽しければいいんだと思います。自分の好きな模型を次々モノにするのも楽しいんですが、私の場合、保管場所も時間も限られているので、数を絞らざるを得ないです。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
一機入魂…
「数打ちゃ当たる式」の私とは対極の製作でありますね~。

たくさん作るなかでちょっとずつスキルが上げられればと思いますが飽きっぽい性格ゆえ、作り飛ばしております^^;

最近さらに脱線して船酔いモードであります。
2014/02/13(Thu) 20:17 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
船も、AFVも模型はたのしいですよね~。
模型は趣味なので要は本人が楽しければいいんだと思います。自分の好きな模型を次々モノにするのも楽しいんですが、私の場合、保管場所も時間も限られているので、数を絞らざるを得ないです。

2014/02/15(Sat) 11:03 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters