After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
そろそろ更新せんとなあ、と思いつつも、模型触れてないし・・ということで、買い物ネタに流れます。(←なんか典型的なブログの末期的傾向のような)

1.まずは雑誌、モデルグラフィックス。
沢山の方が取り上げられており、今更ですが、ファインモールドの72零戦と抱き合わせになっています。「抱き合わせ」は言葉が悪いですか。雑誌/キットのどちらが主/従というわけではないということなので、格好悪い言葉で言うとコラボレーション(赤面;)というところでしょうか。
キットは素晴らしい出来で、なんらケチをつけることろはありません。コックピットで言うと、シートに軽め穴のモールドがあったり、ちゃんと4点支持されていたり、はたまた機銃の尾部パーツがあったり、と48仕様の出来です。 72はコレクションサイズやろうという向きにはしんどいだけの仕様かも知れませんが、出来としては素晴らしいです。
但し、早速作るかというと、それはまず無し。 作りかけも沢山ありますし。 以前スケールアビエーションにスイートの144の零戦が付いていたのは結局作らんかたったし、マスターモデラーにフッケバインが付いていたこともあったような。 結局、付録はなかなか作ることがない というのがこれまでのパターンでありますが、来月号で主翼等残りのパーツが揃えばぼちぼちと。

尚、今回安直な記事で更新しようとしているので、当然のことながら写真はありません!

蛇足ながら、掲載の作例はそれぞれに著名な方の素晴らしい作品ばかりなのですが、トランペッターの32 P-47はカッコ悪いですなー。 作例がどうのというんじゃなくて、キットがカッコ悪い。 レビューでは細部についてはいろいろ述べられているのですが、肝心のこのカッコ悪さについて一言も触れられていないのはいかがなものかと思います。 キットを買わず、組まずにケチをつけるのはいかがなものかと思いますが、作例の数枚の写真ですら隠しようのないこのカッコ悪さは・・
まあ、1万円オーバーの高価なキット故、買われる方は、相当の覚悟か、考えがおありのマニアックな方ばかりと思われますので、あれれ、カッコワルー、聞いてないし! なんてことは無いとおもいますが。


2.電撃スケールモデラー。付録合戦(だから、MGは付録やなくてコラボやって)でこちらはDVDが付録でついてました。空自ということですが、まだ見てません。
こちらも著名な方々の素晴らしい作品揃いです。32の飛燕はDBエンジン付きです。もちろんスクラッチですが、キットの一部かと思うような自然な仕上がりです。手を入れた部分が変に目立ってしまうことがままありますが(←私・・)、なんら違和感のない素晴らしい仕上がりです。 飛燕vsP-51ということで、ドラゴンの32の、これまた素晴らしい作品が掲載されています。 エンジン回りにも手を入れられた作品でありますが、実機の優等生な雰囲気によって、作品まで優等生的でいまイチインパクトに欠けるような、非常にもったいない感じがしました。
48のHe177(こちらもまた著名な方)は、2回に分けての1回め、今回はフリッツXやらがメインで、ちょっと肩透かしでありました。ちなみに独誘導爆弾の解説は大御所の国江氏であります。 

その他にも本誌掲載の作品は(飛行機以外は超門外漢ですが)、いずれも飛行機模型の王道といったかんじです。 最近スケールアビエーションには「なんじゃこりゃ!ちょっと奇をてらいすぎ?」な作品がまま掲載されますが、それに比べると安心して読める一方で、ちょっと刺激に乏しい気がします。 贅沢な悩みかもしれませんが、球筋のよいストレートばかりではなく、SAのような胸元にくるビーンボールも見てみたいです。

以上、安直な更新でありました。
(いやー、毎度のことながら、手を動かさない口先だけの更新は楽ですなー。まさにダークサイド、一度堕ちたら抜け出せないような気がします)




スポンサーサイト

【2007/10/01 08:00】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


シミソ
色々と模型誌を買われましたね。
MG誌は雑誌本文が大掛かりな取扱説明書風だったので購入パス。
72零戦もハセガワの在庫がデカール替え戦略に嵌り多数あり・・・(笑)

電撃スケールモデラーは迷った挙句DVD欲しさに買いました(笑)
値段もリーズナブルでしたし、DBエンジンの造形が見たかったのと
2種の無線爆弾を見たかったためですが、何故に一般的なレベルキットじゃないの?です。

作例的にはどれも美しい作品ですが、それだけですねぇ。
雑誌の作例だから仕方が無いのかもしれませんが、遊びが見受けられませんね。

MA誌は昔からあまり変わらないのですが、メーカーの肩を持ちすぎ。
良点のみで欠点は書きません。

MM誌はAFVに偏っていますが、まぁスケール全般を扱っているいるので良いとしても
ライターの質の差がありすぎ?

スケアビは奇をてらいすぎ・・中間レベルの雑誌はないものか・・。
ちょっと前まではどの雑誌も作例も1つ2つはなるほど~というものが見られたんですが最近はどの雑誌も偏りすぎですね。

AM誌は完全に質が落ちましたね。

い、いかん!ついいつもの雑誌攻撃が・・(爆)


公試
>>シミソ殿
>色々と模型誌を買われましたね。
なんだか、手を動かさない分、買い物に走りました。 未だ続きがあります・・ 
そのなかで今月の一押し作品は・・ 次回に続く 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
色々と模型誌を買われましたね。
MG誌は雑誌本文が大掛かりな取扱説明書風だったので購入パス。
72零戦もハセガワの在庫がデカール替え戦略に嵌り多数あり・・・(笑)

電撃スケールモデラーは迷った挙句DVD欲しさに買いました(笑)
値段もリーズナブルでしたし、DBエンジンの造形が見たかったのと
2種の無線爆弾を見たかったためですが、何故に一般的なレベルキットじゃないの?です。

作例的にはどれも美しい作品ですが、それだけですねぇ。
雑誌の作例だから仕方が無いのかもしれませんが、遊びが見受けられませんね。

MA誌は昔からあまり変わらないのですが、メーカーの肩を持ちすぎ。
良点のみで欠点は書きません。

MM誌はAFVに偏っていますが、まぁスケール全般を扱っているいるので良いとしても
ライターの質の差がありすぎ?

スケアビは奇をてらいすぎ・・中間レベルの雑誌はないものか・・。
ちょっと前まではどの雑誌も作例も1つ2つはなるほど~というものが見られたんですが最近はどの雑誌も偏りすぎですね。

AM誌は完全に質が落ちましたね。

い、いかん!ついいつもの雑誌攻撃が・・(爆)
2007/10/01(Mon) 21:58 | URL  | シミソ #-[ 編集]
>>シミソ殿
>色々と模型誌を買われましたね。
なんだか、手を動かさない分、買い物に走りました。 未だ続きがあります・・ 
そのなかで今月の一押し作品は・・ 次回に続く 
2007/10/02(Tue) 07:30 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters