After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
買い物記事ばっかりですが。  模型ブログは製作記事を書いてナンボ!
***************************************************

1.ニッパーを買いました。
ニッパーと言えば、先日ゴッドハンドの薄片刃を買ったばかり。 その切れ味に何ら不満は無く、というか近年稀に見る大満足な一品であったのに、なぜまた新たにという感じですが。

実は、クラブの展示会が終わって、さあ新たな気持ちでまた頑張ろう!と思い工作を始めるべくニッパーを探すと、無いのです。 小さなパーツは4次元空間だかマイクロブラックホールだかで消失することはままあるものの、ニッパーのような大きなものが消えるはずがない。 いつも入れている道具箱に見当たりません。 きっとキットの箱に(←ダジャレ)納まってしまったに違いない、と最近開けた箱をしらみつぶしに調べてみたが無い!ごみ箱? 無い。 机の下、椅子の下、無い。 机の裏側? 無い。どこを探してもないのです。

こうなると仕方ない。以前のニッパーに戻るのは、素晴らしい切れ味を知ってしまった今となってはつらいものがあるため、また新たに購入することにしました。 馬鹿高いものではありませんが、ちょっと痛いなあ・・・ 同じものを買い直すのも悔しいので、今回は最近良く評判を目にする、薄両刃のものを買いました。

切れ味は、というと、ゴッドハンドの薄片刃のような感動的なものではなく、普通に良く切れるなあ、というものでした。 悪くはないが、少々がっかりしました。 やはりあのゴッドハンドの切れ味が良かったなあ・・・ 改めてまた買うか? もったいないなあ・・ などと思っていると尻に少々違和感が・・・

なんと!無い無いとあんなに探し回っていたニッパーは椅子の座面の上、尻の下にあったのでした。 尻の下に数日敷いていて、それでもって気付かないとは。 ちょっとヤバくないですか、私。
先日、コンステレーションのペラを無くして、結局足裏に違和感を感じて発見した折も、ちょっとヤバい感じがしたのですが、今回はその比ではない。 若年性ボケ?

せいぜい、ブログ記事でもせっせと書いて頭を使うことにします。


2.ハセガワの32キットを買いました。
モノはBoeing P-26 Peashooterです。往年の懐かしキットです。以前から欲しいなあとおもってはいたのですが、まあそれほど燃え上がることはなかったのですが。 HawkerFuryやら95式戦闘機を買うと、「この頃の機体ってええよなあ~」と気持ちが昂り、手ものとアカデミー1/48 P-26を開けて仮組してみると、まあかわいくてかっこいいこと。 これはハセガワの32を買おう、と盛り上がったものの、最近再販されたわけでもなく、店頭にはなかったので、久しぶりにヤフオクで買うことにしました。

覗いてみると数点出品されており、その中でも一番安いものをクリック、2日ほど待って、他の入札者もなくそのままの値段でお安く買えました。便利な世の中になりました。

届いたキットは・・・ かれこれ40年くらい前のキットでしょうか、模型に目覚めた時には既に存在していたキットですが、出来は悪くはありません。 先日のHawkerFuryの折のようなショックはなく、まあ予想通りでした。

プロポーションは、主脚の外側から上反角がつく主翼の形状が正しく再現されていないのは、クラブの方から以前聞いていた通りでした。 アカデミーの48も同じようなかたちですが、これは悪しき縮小コピーによるものでしょうか???

プラはやはり硬く、往年のカチカチハセガワプラです。

細部はやはり今の目で見ると物足りません。コックピットはプラ板からのスクラッチも比較的簡単と思いますが、問題はエンジンです。 カウリングというよりは幅の狭いタウネンドリングでシリンダヘッド頂部のみをカバーされたエンジンは、外から丸見えになるのでここはしっかり手を加えたいところですが、冷却フィンの彫刻があまく、これを見映え良く仕上げるのは(私には)極めて難しいものと予想されます。 ネットで検索すると、出来の良いアフターパーツがあるようです。 いずれ購入し、本キットを開始したいと思います。 (いずれ、というのはあまりネットでの買い物が頻繁であると、家族から総スカンを食らうからです)

ところで、P-26は資料があまりないんですよねえ~、 Aerofax Minigraphの8くらいしかめぼしいものは見つかりません。 実機もあり、レプリカもあるのですが、私が期待するような、「え、ここまで見せちゃうの!? こっちがはずかしくなるわ~」というような臓物系のwalkaroundは見つかりません。 ということで、ちょっと着工をためらっております。


***************************************************

しかし若年性ボケ防止とはいえ、少々長すぎる文章でした。
スポンサーサイト

【2013/12/11 20:36】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters