After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
週末はJMCオマージュに参加できず、葬儀参列となりました。
***************************************************

直前(前日!)の参加取止めは残念の極みでありましたが、会に向けて放置中であった1機をほぼめどがつくまで仕上げることが出来たので、まあそこのところは良かったと前向きに捉えることとします。
そこのことろの詳細は後日。

買い物
1)Hawke Fury
エアフィックスの1/48、古いキットですが、赤いパッケージで再販されました。好きな機体であったので、これ幸いと購入しました。
DSC_0327.jpg
たぶん30数年くらいまえのキットと思っていたのですが、空けてびっくり、もっと古いやろう、というよりプラモ黎明期のキットか!という内容でした。
DSC_0329.jpg
パーツはびっくりするくらい少なくです。写真は別に一部パーツを隠しているわけではなく、これが全てです。まるで数年前のグルー○ンのバード○フェのおせちが想起されます。 主翼は上下の貼り合わせが無く上下面・左右一体の一枚もの といった具合です。コックピットは「防弾板か」というような分厚いシートがぽつりあるだけ、内壁の艤装品なぞ全くありません、つるんぺたんです。パネルラインが凸線なのはまあ掘り直せばよいとしても、主翼のリブ表現がちょっと見苦しいのは、どう手を入れたものかと悩みます。
製作にあたってはじっくり腰を据えて取り組む必要がありそうです。

2)95式戦闘機
ファインモールドの1/48、数年前のキットです。 
DSC_0330.jpg
上述のFuryがちょっとハード過ぎたので、取っつきやすい複葉機を、ということで購入しました。ちなみに、複葉機のキット購入はFuryが人生初、95式が第2弾となります。
好きな機体で、キットの出来も良いとなれば、もっと早くに購入してしかるべきであったのですが、なぜかこれまで後回しになっていて、Furyの代替としてやっと購入に至りました。
こちらはFuryとは対称的な、まさに現代のキットです。
パーツは細かく、合いは素晴らしく、早速、コックピットを組んでいますがあっという間にここまで。自分の技量が2段階、3段階上がったかと誤解するくらい容易にぱちぱち組み上がります。
DSC_0333.jpg DSC_0331.jpg DSC_0332.jpg
後、計器盤にデカールを貼ったら胴体を貼り合わせます。週末には士の字になっていることでしょう、と予告が出来るくらいの出来です。年末年始はこいつをさっさと仕上げたいと思います。

複葉機は古臭く思え若いころは敬遠していまいたが、年をとったのか、あるいはレシプロ機自体がもはや一括りにクラシックな存在となり、単葉も複葉も差が無くなってきたのか、最近は結構気になります。 といっても、WW1の機体はまだレンジ外で、WW2前の末期の複葉機が好みです。 そういえばこの間He51を買ったなあ、あとCR42、F3Fあたりもほしいな、と思ってます。

***************************************************

展示会の後は、1/48AlphaJetをと考えていたのですが、ちょっとしたきっかけで横道に逸れています。
スポンサーサイト

【2013/12/09 20:46】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters