After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
二日間の展示会は無事終了しました。
展示会の全体報告・・・という記事は、クラブで若輩・パシリな私には恐れ多いので、自分の作品についてのみ、自戒の意、臥薪嘗胆の薪・肝として記しておこうと思います。

1.全 般
前日というか、当日の朝0330まで追い込みの作業ののち、7時まで仮眠、0730から作業再開、0815でギブアップ、0830出発という厳しいスケジュールでした。ひとえに、日頃からの作業の積み重ね不足によるもので、日ごろ子供に、毎日少しずつ勉強をすることの大切さを口酸っぱく言っているのは一体なんだったのかと。


2.各作品
1)Kfir
DSC_0308.jpg

元々、増槽は付けないつもりだったのですが、前日に「ぱっぱりぶらさげたいわなあ・・」と欲が出て、急遽接着まで終わっていた増槽をペーパー掛けし、塗装、墨入れ、ぶら下げました。  これがスケジュールを追い込んだ一番の失敗でした。まあ、それはそれでかっこよくなったのでよかったのですが、その後仮眠の前に点検していたら、キャノピーに付けていたバックミラーが脱落していることに気づき、ぐったり。
翌朝、寸前まで再製作・復旧にトライしたものの、結局ピンセットでパチンとはじけ飛んでタイムアップ、ギブアップとなりました。
反省としては、塗装のツヤが中途半端であったこと。 つやつやでもない、半ツヤでもない、中途半端なグロスは仕上げの粗さを際立たせるだけでした。 本機は別の展示会で再度お勤めを果たしてもらうつもりですので、それまでに半ツヤに落としたいと思います。 それから、やはり灯火を透明部品に置き換えるくらいは真面目にやらんといかんです。 これもします。 
実は、共催のクラブの方のテーブルに、古いエレールのミラージュのキットを、見事なイスラエル塗装のクフィルに仕上げた作品が飾られ、どちらが新キットか判らない状態でした。  こんなこともあろうかとイスラエル塗装にせずエクアドル空軍塗装にした自分の危険予知、リスク管理はなかなか大したもんじゃ、というものの、古いキットに押し込まれるようじゃあいかんじゃろう。  大いに反省しました。


2)La-7
DSC_0309.jpg
普通に完成しました。 が、なんと会場への輸送中に箱の中で中央キャノピーが外れ落ちていて、気付かないまま二日間展示してました。恥ずかし!


3)コンステレーション
前夜0200頃の全機点検において、なんとプロペラが1つない!ことが発覚。 机の上、下、椅子の周りなど、探し回るも発見できず。  10分くらいの捜索ののち諦め、「ペラをなくしまた・・・」という情けないコメントを添えて展示しようと腹をくくって他の作業にかかったところで、右足足の裏になにやら違和感が。  なんと右足で踏んでました。一体どこに隠れてたのか? どうやって出てきたのか? 不思議ですが、まあ出てきたので良しとします。
反省としては、Kfirと同じく、中途半端なツヤ! 会場では両隣が見事なグロス仕上げのB787×2機とデハビラントコメント×3機にはさまれ、貧相な中途半端グロスが際立ってしまいました。 本機は次の登板予定は未定ですが、 忘れないうちにツヤツヤに仕上げ直したいと思います。


4)Fiat G.55
これが一番の自信作でしたが、ちょっとアピール不足の感あり。 ウェザリング、フィルタリング、退色等、アピールする仕上げでもよかったかなあと。 AB41も悪くなった、うん、うん。


5)Ki-94
DSC_0299.jpg

機体はそれなりに仕上げたつもりですが、 並べたヨタ8がプアーでした。 少し離れた共催のクラブのテーブルに、赤色にきれいに仕上げた同じキットが飾られており、ちょっとつらいものがありました。


6)紫電
DSC_0298.jpg

変わった仕上げにしましたが、異彩をはなってそれはそれでよかったかなあと思います。 但しちょっと単調でもあったので、これももう少し色味を色々持たせたほうがよかったと反省してます。
本機は前日の夜2000頃に、「機首下面のポッド型のオイルクーラーがない!」ことに気づきました。 そういえば付けた記憶がない、なんとつけないままに部品を紛失していました。  プラ材が削りだして作れないものではないですが、他の作業も考えると、今晩は無理! さっさと諦めました。


3.まとめ
上記のとおり、折角の展示会ながら来場者の方に自信をもって見て頂く、とはならず(←これはあくまで自分だけのことです)、「50cm以内立入禁止! 恥ずかしいので離れて見て!」というところが多々ありました。 入魂の作品ばかりが模型作りではありませんが、新キットを素早くものにする、とか数で勝負 とか、自信を持ってアピールできるポイントがあってこその「オ・モ・テ・ナ・シ」の心! 自分の場合、それは時間をかけて、丁寧に作業した、一機入魂なくどい工作であろうと思います。
ということで、来週から心機一転(←今週からではないあたりが我ながらいい加減ですが)、気合を入れた模型作りにまい進したいと思います。 さて、何を作りますか。
スポンサーサイト

【2013/12/02 22:33】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

耳がいたい…(>_<)
XJunで~す
気まぐれモデリングなのでクラブへの所属はできず、たまに地元のお店かねローカル・コンテストに出すのですが、わずか一点ですら締め切り維持がやっとこさの私にはわがことの様に冷や汗三斗であります。

かといって何もないとテンションが上がらず、趣味とは言え…。

前記事の「JMCオマージュ」というのも面白いですね。
ビギナーが参加してヒントをもらう場も欲しい気がします。

Re: 耳がいたい…(>_<)
sea trial  (公試)
このブログもテンションを上げるべく始めた訳ですが、もう7年!も続いています。ネットを介した人との交わりも楽しく、また文章を書くこと自体ちょっとした楽しみでもありますが、さすがに効用という面ではちょっと薄れてきたかと。 クラブは、人と接するのがどちらかというと苦手なほうなんで、どうかなあと思っていたのですが、同じ趣味の方とは楽しく会話できます。 案ずるより産むがやすしでした。

JMCオマージュは今週末です。また追い込みが・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
耳がいたい…(>_<)
気まぐれモデリングなのでクラブへの所属はできず、たまに地元のお店かねローカル・コンテストに出すのですが、わずか一点ですら締め切り維持がやっとこさの私にはわがことの様に冷や汗三斗であります。

かといって何もないとテンションが上がらず、趣味とは言え…。

前記事の「JMCオマージュ」というのも面白いですね。
ビギナーが参加してヒントをもらう場も欲しい気がします。
2013/12/03(Tue) 21:19 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
Re: 耳がいたい…(>_<)
このブログもテンションを上げるべく始めた訳ですが、もう7年!も続いています。ネットを介した人との交わりも楽しく、また文章を書くこと自体ちょっとした楽しみでもありますが、さすがに効用という面ではちょっと薄れてきたかと。 クラブは、人と接するのがどちらかというと苦手なほうなんで、どうかなあと思っていたのですが、同じ趣味の方とは楽しく会話できます。 案ずるより産むがやすしでした。

JMCオマージュは今週末です。また追い込みが・・・
2013/12/04(Wed) 20:51 | URL  | sea trial  (公試) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters