After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
模型とは無縁の記事です。
***************************************************
仕事の帰り道、ちょっと遠回りして模型屋に寄りたいけどそんな時間があるのなら真っ直ぐ帰って手を動かすべきかなあ、でも寄り道したいなあ・・・という心の葛藤ののち、妥協点として遠回りにならない本屋に寄って帰りました。 模型やら飛行機関連の雑誌、書籍は新しいものはありませんでしたが、自動車雑誌コーナーに、ロータスヨーロッパがj表紙の雑誌がありました。
「おお、ヨーロッパ、サーキットの狼!」とその雑誌を手に取ろうとしたところ、脳髄に大きな衝撃が走りました。なんとその雑誌のタイトルたるや、「昭和40年男」! ええ~!? どういうこと!?

syouwa.jpg

私は今年が干支が4周りめとなった、まさに昭和40年男。 ここまでストレートに自分に訴えてくるタイトルの雑誌はいままでありませんでした。

中身はというと自動車雑誌ではなく、昭和40年前後に生を受けた男性がこの年になるまでの成長の過程で洗礼を受けてきた世の中の流行ものとか、出来事をいろいろと集めたような内容でした。

その流行もののひとつが、スーパーカーブームであり、ロータスヨーロッパという訳です。
本号は「夢のモーターショー」と称して車を特集していますが、取り上げられているアイテムたるや、
・「タイレル」P34! いいところを突きますなあ。 タミヤの1/20、放置・熟成中やなあ・・・
・007のボンドカー、ロータスエスプリ! あのタイヤが4枚の舵に替わって水中を走るやつですわ。 かつて模型が出ていたような記憶がありますが。
・キカイダーのサイドカー! うへっ! キター!
・セブンのポインター号 っとこれはちょっと自分的にはストライクゾーンから外れ、ボールの判定。
・童夢の零。これもちょっと外角低めのボールかなあ。 今記事を読むと真面目に作られていたんだなあと分かるのですが、当時はどうにもばったもん臭くて好きになれませんでした。  等。

車以外では、
・巻頭のインタビュー記事が石丸幹二氏。よく知りませんが40年8月15日生まれ!わずかにお兄さん。見てくれ若いなあ。
・「帰ってきたウルトラマン」! 素晴らしい!マンでもセブンでもなく帰ってきたウルトラマン・郷秀樹!もちろんJACKではありません。 そしてTACではなくMAT。 レッドキングではなくブラックキング。ナックル星人、ベムスター、ツインテール、タッコング・・・ きりがない。ちなみにそこまで濃い記事ではありません。
とどめは
・昭和40年男のための健康講座「頭痛」 恐ろしい、私が頭痛持ちで苦労していることまでチェックされているとは・・・

家に帰ってこの記事を書こうとネットで検索すると、なんと本号はVol22、バックナンバーがどっさりあります。いやー、知りませんでした。 どの号の表紙も懐かしさ爆発です。 こうなりゃバックナンバーを揃えるか!とも
思いましたが、幸い?なことにほとんどが品切れのようで、ノスタルジー星人が暴れまわらずに済みました。  ただしダウンロードは可能なようです。 部屋中が本・雑誌であふれかえり、いつも泣く泣く処分していますがこれを機に電子ブックのリーダーを買うか!?


やたら「!」の多い文章でした。 以 上
スポンサーサイト

【2013/11/16 19:39】 | 未分類
トラックバック(0) |


Fighting Hannah
”昭和40年男”、私もこの雑誌を知った時は驚きと歓喜でした♪
まさにドンピシャですね!ちなみにウチの嫁も”昭和40年女”であります(^^;)


公試
>>Fighting Hannah殿
ホント、まさにドンピシャですよね~。

奥さんも40年生まれとは・・ うちの奥さんは数年しか違わないのに事あるごとにジェネレーションギャップを訴えます。疲れますわ~。

先日WOWOWの日に帰ってきたウルトラマンの初回デジタルリマスターをやってました。 ワンダバに涙で前が見えない! 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
”昭和40年男”、私もこの雑誌を知った時は驚きと歓喜でした♪
まさにドンピシャですね!ちなみにウチの嫁も”昭和40年女”であります(^^;)
2013/12/15(Sun) 11:13 | URL  | Fighting Hannah #-[ 編集]
>>Fighting Hannah殿
ホント、まさにドンピシャですよね~。

奥さんも40年生まれとは・・ うちの奥さんは数年しか違わないのに事あるごとにジェネレーションギャップを訴えます。疲れますわ~。

先日WOWOWの日に帰ってきたウルトラマンの初回デジタルリマスターをやってました。 ワンダバに涙で前が見えない! 
2013/12/15(Sun) 15:31 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters