After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
8/3以来のFiat G.55。まだ完成してなかったんかい!? 未だです。 残り作業で一番しんどそうであった中部キャノピーを片付けました。
***************************************************
元々キットのパーツで問題なかったんですが、見事に紛失してしまい、海外のショートランキットとなれば再入手も不可ということで、バキュームで自作しました。 形は難しいものではなく単なる山型で、キットの前部風防から断面形をとり、プラ板とポリパテで型を作りました。
これを自作のバキュームマシン(100均材料で総計500円程であったような)に載せ、PET板を絞りました。 塩ビとPETそれぞれでしぼりましたが、PETのほうが透明度が良いようです。

DSC_0264.jpg

問題はフレームで、塗装で済ませてしまうといかにも平板なペラペラな感じになりそうなので、フレームの厚みが少しでもでるよう、着色したデカールを細切りして貼り付けることにしました。 キャノピーの裏・表から同じ幅のデカールがうまく貼れるか?貼ったデカールはしっかり着くか? コーナーでデカールを重ねたら厚ぼったく見
えないか? 等いろいろ心配な部分もあったのですが、結果的には、いい具合に出来ました。 フレームの厚みが感じられるほどにはデカールの厚みがありませんでしたが、まあ良し。
さらに、中部キャノピーの側面はスライド式になっていて極細いフレームが真ん中にあるのですが、これはデカールの透明なニス部分を貼りました。これも良い感じ。(というか、ちょっと繊細すぎて見えん)

機体に載せてみました。実際は開位置にするのでフィッティングは気にしないのですが、一応。
DSC_0267.jpg
まあ、それなりの合いでした。 

残り作業も加速します。 
1)アンテナ線を張り、胴体下面に筒状のへんちくりんなアンテナ?検出器?を作って付けました。(↑上の写真)
2)紛失していたいろいろな部品を作成しました。主脚引込用の油圧シリンダ、主脚カバーの中央側(それにしても次から次によく失くしてますなあ)
DSC_0266.jpg

これで作るべき全ての部品を作ったはず。あとは塗装して付ければ良し。

追記;************************************************
早速、中部キャノピーを機体に付けました。
DSC_0272.jpg
なかなか。
DSC_0271.jpg
左右両側にある、閉鎖固定用のハンドルが結構大変でした。 え、左右両側にある?? ということはどちらにも開けられるということでしょうか。
***************************************************
ということで、思ってたよりも円滑に、試行錯誤することなく出来ました。いよいよ完成までもうチョイです。
スポンサーサイト

【2013/10/19 11:14】 | 模型-Fiat G.55
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters