After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
2020年東京オリンピック、楽しみですね。 なんともめでたい話です。 昨今は、増え続ける汚染水や財政赤字、いつ来るともしれない東南海地震等、将来のことを考えるのが嫌になるようなニュースばかりでした。  つまづかないよう足元ばかり見ていたのが、この決定で、胸を張ってずっと先を見て歩くような感じになりました。数年後をわくわくして待つというのはホント最近なかったことです。
なんとしても、生きねば。
***************************************************
話変わって、アバンギャルドなKfirですが・・・

高価なこのキット(たぶん私の模型人生で一番高価なキットのような気がします)、飾っておいていてはもったいない、模型は作ってナンボ、ちびちび進めます。
という訳で、早速製作記その1、とはならず、まずはキットの紹介。

先日紹介しましたキネティックのAlfaJetは、「ちょっともっさり」と記しましたが、こちらはシャープ! キレてます、キレキレです。

全体を仮組。プロポーションは・・・ 
DSCN0095.jpg
ちょっと機首が長い??? イタレリほどじゃあないけど。(この写真はパースがついて機首の長さが強調されています。 実物はこの写真ほどではありません) イスラデカールの本の図面に乗っけてみると(←ちゃんと持ってますわい)、なるほど、機首パーツが3,4mm程長いです。これを詰める必要があるか、まあすらっとしてカッコいいと解釈するか。胴体左右パーツは、バチピタです。コックピットのバスタブもぴったりで、仮組してテープで固定せずとも崩れないので、(しまった、接着剤でつけてしまったっけ??)と誤解したほどです。 

垂直尾翼は単純な左右貼り合わせではなく、前縁・後縁は左舷パーツに一体化されており、左右の接着線は右面のパネルラインに設けられています。これが吸い付くようなパーツ接合のおかげて、どこが接着線であったか、まずわからないと思います。 わかります? たぶん間違ってます。
DSCN0097.jpg

主翼も、動翼は下面パーツに一体化され、上面パーツは動翼手前までです。ふつう、動翼は上面に一体化し、接着線は見えない裏側、下面側にもってくるのが一般的かとおもうのですが、パーツ精度に対する自信の表れなのでしょうか。
DSCN0096.jpg

主翼前縁フラップは逆に上面パーツに一体化されています。 下面にくる接着線はこれまたわからなくなるレベルです。一か所、あれ?というのが、胴体下面中央のパーツ。 周りの隙間がちょっと広いです。何らかの手段で埋める必要があります。画竜点睛を欠くこのパーツの合いはどうしたことか。
DSCN0099.jpg

インテイクは複雑な分割線となっています。 下面の機銃周りを主翼下面パーツとしたため、クランク状の分割です。 ここはさすがに接着後に内側のならし・再塗装が必要と思われます。ちょっと製作手順を工夫する必要がありそうです。
DSCN0100.jpg

脚庫は1面毎にパーツを分けた箱組みです。(写真は省略)  電線、配管類がしっかりモールドされており、好ましいです。 私は、こういうところは、いつもはパーツを組んで一体にしてから塗装するのですが、このキットに限っては、パーツ状態で丁寧に塗装をしようかという気になりました。 こんな作り方、何年振りかなあ。

右翼付け根に隙間ができます。(そうそう、3D-CADに頼ったキットってこういうポカがあるのよね、3Dでモデリン
グするさいの抜けか、ありがちありがち・・)とおもっていたら、なんとこの隙間には細長い別パーツが付くのでした。なんと芸の細かい。
DSCN0098.jpg

総じて素晴らしい精度です。最新のタミヤのキットは久方買ってませんが、たぶんこのキットよりずっと素晴らしいことでしょう。しかしながら、ぽっと出のメーカーのキットとしてはびっくりする出来です。パーツ割りも意欲的です。私は比較対象を余り持ち合わせていませんが、キティーホークのジャギュア、キネティックのAlphaJet、メンモデルのF-102(1/72)なんかとくらべても頭一つ抜けた出来です。
これが中華的ダンピングディスカウント価格3000円!というならば、もはや日本のプラモ産業は終わった・・というところですが、幸いにして?8千円。国産品ならば5千円くらいの感じでしょうか。 それくらいのコストを掛ければ日本メーカでもできるはず。日本メーカの場合、企画、マーケティングが問題のような気がしますが。
がんばれニッポン!
スポンサーサイト

【2013/09/12 20:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters