After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
お盆は5連休でしたが、いつものごとくあっという間におわってしまいました。 盆休み、例年のごとく、田舎の旧友であつまりました。年に2度、盆・正月に田舎の旧友と集まってわいわいだらだら話します。 最近はもっぱら嫁さんや子供への愚痴ですが、楽しいものです。 普段の生活とは違う時間軸があるというのは、模型趣味もそうですが、癒される気がします。
***************************************************
その模型趣味は・・・

1) G55はデカール貼り,マーキングを終えています。 
ピンボケ写真ですが。
DSCN0068.jpg
あとは、
・スピナーの塗装
・中央のキャノピーの自作
・脚回りの小物部品
・墨入れ
・ウェザリング
くらいです。

2) コンステレーションは、デカールを丸く切って窓を表現しました。
DSCN0064.jpg
窓に適したデカールとして、黒色ではない、なるべくくらい色を、手持ちのものからさがしたところ、30年前のラブライナーシリーズL1011のBA塗装が、色味もデカールの面積もいい感じなので、使えるかどうか半信半疑でチョイスしました。(全くデカールを使っていなかったので、塗装にまで至らず挫折したんだろうなあ・・・)
DSCN0071.jpg
さて、使ってみますとこれが、びっくり。 割れずきれいに台紙から剥がれ、申し分なく使用できました。
「ハセガワの古デカールは割れる」が通説かとおもうのですが、いやいやどうして。大したものです。
次にデカールの残りににお呼びがかかるのは、いつのことでしょうか。

脚も付けてみました。華奢な脚ですが、意外にがたがたせず、しっかり3点起立します。 機首のおもりが重すぎたかとおもっていましたが、ちょうど良いくらいでした。

こっちはもう少しやるべきことが残ってまして、
・窓デカールを押させるクリアー塗装
・尾翼周りの黒色塗装
・プロペラ
・エンジンカウリングの銀色塗装
・脚回りの小物
・胴体下面の黄色の塗装が抜けてた!
・アンテナ柱
もう少し時間がかかりそうです。


3)へ続く・・・
スポンサーサイト

【2013/08/19 21:21】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters