After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
遅ればせながら、「風立ちぬ」を見てきました。
****************************************************
まず、あまり入ってないです。 私が見に行ったシネコンでは「謎ディ」が一番入っていたようです。 客層は、シネコンとは縁がなさそうなお年を召した夫婦がちらほら目立っていました。かくいう私も映画は専らレンタルで、映画館に足を運ぶのはたぶん10年ぶりくらいであろうと思います。

この映画の内容は、見る人によって評価は分かれるんだろうなと思います。 老若男女誰もが楽しめる物語ではありません。 子供には退屈な、女性には男のエゴが鼻につくような作品だろうと思います。 歳を召された方には、ちょっと左寄りの視点が気にかかるやもしれません。(日本の右傾化を象徴する映画 というような隣国の非難は全く的外れです) 一緒に行った奥さんは「ちょっとねえ・・」娘は「??」という評価でした。

一方で、私には全編これつぼ、でありまして、始ってすぐのカプロニとの対話シーンにして感涙、結局都合7,8回泣きましたなあ。

飛行機が派手な機動を繰り広げる、血沸き肉躍るスペクタクル映画 では全くありません。が、零戦を見て美しいと感じる者には、間違いなく見るしかない作品でありました。
****************************************************
スポンサーサイト

【2013/08/16 20:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters