After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
昨日は模型クラブの月例会で大阪へ行ってきました。 まさに殺人的な酷暑のなか、汗だくになりながらの移動でした。 大阪行きの電車に乗る前に、駅でスマホを触っていると模型屋のHPに「Kfir入荷」の写真を発見し、早速電話して1個確保してもらい例会前に模型屋によって引き取ってきました。
***************************************************
ものは「アバンギャルド・モデル・キット」の1/48、Kfir。 まずメーカーのアバン・・・ですが、なんじゃろか
このネーミングセンスは?!前衛的な機体を取り上げるのか、あるいはキットの内容が前衛的なのか??
まったくもってよくわかりませんが、キットの中身は後述のとおりいたってまともです。Kfirは先日キネティックから同じ1/48が発売されたばかりですが、続けての発売。 どういう事情によるものかは知りませんが、モデラーとしては選択肢が多いのは良いことではあります。

DSCN0045.jpg

キットは良くできているように思います。 まだ仮組すらしてませんが。 筋彫りはくっきりすっきり。細部はコックピットも脚庫もエンジンもよく再現されています。 パーツで見る限り、トランぺッターのような頓珍漢(←こんな漢字を充てるとは知らなんだ)なスタイルということもありません。
パーツ割りも、ほほう、と感心するところが多々あります。 出来たてのメーカーがなぜにここまで完成度の高いキットを出せるのか、不思議です。

DSCN0046.jpg

DSCN0047.jpg

DSCN0048.jpg

DSCN0049.jpg

このキットの一番の欠点は、なんといっても高価なこと、なんと8シェンイェンしました。 キネティックを買い損ねたところに、新キットが出た!ということであわてて電話して店に引き取りに行ったわけですが、そこで初めて8シェンイェンなる価格を聞き及び、酷暑とあいまって、くらくらっと気を失いそうになりました。
小ぶりな機体であるし4千円くらいかとおもっていたのですが、2倍、2倍! たまたま持ち合わせがあり、無事引き取ることが出来たのはまったくもって幸いでした。
上述のとおり、よくできたキットで武装パーツもそろっており、高めの価格になるのは仕方ないとしても、それにしても。 代理店業務をやっている童○社がマージンを乗せすぎなのでしょうか。 わらべのともではないのですか、童○社さん!
これが普通に店頭でキットを発見していたのなら、買うた止めたを10分程踊ったのち、「どうせしばらく作らんしなあ、作ろうというときに店頭にあったらその時買えばええか」と店の棚に戻していたはずです。

***************************************************
紫電、流星改、G55、コンステレーションと行き足づいていますが(じつはどれも完成していない という事実もありますが)、そろそろ、次は何を作ろうか・・・とニタニタ考えています。 最近結構キットを買い足しましたので、目移りします。
どんなふうに作るか、ですが、どんな悪球でも思い切り振りきり長打を目指す一機入魂ラインからはしばらく遠ざかり、来た球を素直に打ち返すバッティングを心掛け、コンスタントに安打を積み重ねていく(往年の)イチローのような打撃を心掛けたいと思います。(何の話やら・・・)  次は、さしずめバントヒットか。

スポンサーサイト

【2013/08/12 21:41】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters