After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
買い物(←ネタに困るとこれですなあ)
***************************************************
1) 「風立ちぬ」まだみてません。巷の評価はいろいろのようですが、見に行こうと思います。
堀越二郎を取り上げた書籍がたくさん出ておりますが、その中で、丸の別冊を購入しました。(後述 6)の新紀元社の模型本を除いて、これが一番濃かったように思います) 丸の掲載記事のなかかから、堀越二郎がらみのものを取り上げ再編集した一冊ですが、堀越二郎と源田実、坂井三郎の対談記事なぞ、流石歴史のある丸! 今となってはすごいなあという顔ぶれですねえ。
また、堀越二郎が各国の大戦期を横並びで評価したり、あるいは最新(当時)のF-16,17(18ではありませぬ)を解説したりなど、程よい「今は昔」感が漂っています。

2) モデルグラフィックスはそういえばファインモールドの9試艦戦が付録やなかったっけ、と店にいけば、今月号ではなかったです。 ふつうにハセガワ1/450の大和が特集でした。 仕方なく?買いましたけど。 ならばファインモールドの1/48 96艦戦を購入しようかとおもいましたが、踏みとどまりました。 映画を見て、それからにします。
96といえはファインモールド、97といえば元マニア社のキットがありますが、今回の映画を機にハセガワなりが1/48で新規製作してくれてたらなあと思います。 映画に乗っかって日本のみならず海外でもそれなりに売れたで
あろうに。 残念です。

3) 10式戦車が出ました。
タミヤ1/35ですが、高価であるし、さすがに積んでおくだけ必至のため見送り。その脇にあった、フジミ1/72の量産型を買いました。 これならいつか(?)作るでしょう。
確か、同じフジミ1/72の試作型を購入したものの、表面のヒケというか微小なうねりが気に放置していたはず、と久しぶりに積みあげた箱の山から引っ張り出して中を確認したらば、なんと90式が入っており肝心の10式は姿なし。どういうことでしょうか??

4) ウルフパックのT38を購入しました。
DSCN0044.jpg
(最近結構キット買ってないか?)(本当にオレはこれを作るのか?)と自問自答の末、一度は買わずに店を後にしたのですが、(やっぱり買っときゃよかったかなあ・・、もう売れてしまったかなあ) と未練たらたら。 二日後、(今日もまだ店頭に残っていたら、「一期一会」、「運命」と考え購入しよう)と、意を決して再度模型屋をのぞいてみたら、二日前と変わらぬ個数が山積みされているという肩すかし具合でした。 それでもまあよし、もうオレは自分を偽らない! ということで買いました。
ちょっと組んでみましたが、あまり合いはよくないです。 (なぜにここに隙間が?) というようなところもあり、パーツの外観からうける印象程、素晴らしくはないような。

5) 世界の傑作機は「第二次大戦のMig戦闘機」ということで、Mig1,3その他もろもろでした。
ソ連のWWⅡ戦闘機は、これまでにも何度か記したとおり、そのスズメみたいな伸びやかでない主翼が好きになれなかったのですが、最近になって結構見慣れてきて、まあこれもありかなあということで購入に至りました。
中身は「面白い!」、この年になって初めて知る機体が続きます。「うわっ、これはソ連版Ta152か!」というような、すらっとした高高度戦闘機があったり、あるいは飛行機をよく知らない人がスクラッチした架空戦闘機のような機体もあったり。 非常に楽しく読めました。

6) 新紀元社から「96式艦戦・9試単戦を作ろう」という本が出てました。 初めてのプラモ云々というコピーとは裏腹に、1/32で9試単戦をスクラッチするという作例まである濃い内容でしたが、どういう訳かあんまし
目新しさを感じられずパスしてしまいました。 また機会があれば。

7) プラモデラーという雑誌がありましたので購入しました。第2号ということです。「モデルカー」と同じ発行元のようです。
プラモデル全般がスコープのようですが、やはり車関係が目立ちます。 それにしても、巻頭の特集が。なんと、アルカディア号、ポインター号、マクロスのバルキリー、ガル・パン ってこれはスケールモデル誌か、はたまたキャラクターモデル誌か、と。 しかしながら、ガンダムはなく、美少女もなし、一応その辺に仕切り線があるようです。 自動車模型は、なじみのない世界故、読んでいて楽しいですねえ。 アポロ(知らんし)/日東のギャラんGTOが傑作キットって初めて知りました。 
ちなみに第1号は今年3月に出ていたよう。 車関係の雑誌と見落としていたのでしょうか。 今後も特集内容によりますが、チェックしていきたいと思います。

***************************************************
最近結構更新をしています。なぜか?と振り返ってみると、どうやら結構模型に時間が割けているため、ネタに困らない ということがあるかと思います。 6月、7月共、20~30H位模型時間がとれていたようです。 これくらい時間があれば、手が遅い、もとい寡作な私でも、それなりに報告できる進捗があります。 さて、8月はどうでしょうか。
スポンサーサイト

【2013/08/04 22:32】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

堀越二郎技師…
XJunで~す
映画は先週見てきました。

やっぱり零戦は二一型がいいなぁ~と思った次第…。以下略
これを機に堀越二郎技師著「零戦」を読んでいます。

堀越技師のエンジニアとしての美的センスに改めて感服しております。



公試
>>XJun殿
未だ見ておりません! 盆休みには・・・
零戦は全ての日本人に等しく訴える美しさがありますね。あの美しさの正体というか、本質は何なんでしょうか。
ちなみに、私は22型ですなあ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
堀越二郎技師…
映画は先週見てきました。

やっぱり零戦は二一型がいいなぁ~と思った次第…。以下略
これを機に堀越二郎技師著「零戦」を読んでいます。

堀越技師のエンジニアとしての美的センスに改めて感服しております。
2013/08/10(Sat) 21:36 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
未だ見ておりません! 盆休みには・・・
零戦は全ての日本人に等しく訴える美しさがありますね。あの美しさの正体というか、本質は何なんでしょうか。
ちなみに、私は22型ですなあ。
2013/08/12(Mon) 21:49 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters