After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
夏季休暇前に出張に行ってきました。
***************************************************
再び南の地方へ。
毎度のボンバルディア・・・ 別にこれが大好きで選んで乗っているわけではありません。
DSC_0201-mini.jpg

同じ路線でもキャリアと時間を選べば787!
DSC_0204.jpg
但し、朝早い便で、今回の出張スケジュールである、「初日:移動日=現地への移動のみ」には適さず、諦めました。次回があれば、移動にプラスαの予定をひっつけてこいつに乗りたいものです。

そして帰りもボンバルディア・・・ 何が許せんって、この不細工なエンジンナセルとスピナー。 何故にここまで不細工? 合理的なシンプルさ、ではなく不細工。 1枚目の写真なぞそれなりにかっこいいんですが、エンジン回りの形が判るアングルでは、がっかりのカッコ悪さ。
DSC_0215.jpg

出張の友として持っていった「飛行機模型スペシャルNo2」で、Bf110も捨てたもんじゃあないなあ、いやむしろかっこいい、というより、欲しい・作りたい! と盛り上がってしまい、出張の帰りの神戸で模型屋に寄ってみました。 サイバーホビー? エデュアルド? と思っていたら、なんとドンピシャのタイミングでレベルの再生産ものがならんでいたのでこれを買いました。キットの出来ならば、前者2キットのほうがずっと良いと思うのですが、JMCがいつか復活せんことを期待しつつレベルキットを選択。

DSCN0007_20130722081358.jpg

このレベルはモノグラムのキットだと思うのですが、いままで買ったことも作ったこともありませんでした。 このキットが出たころは、たぶん私の模型史において、空白の数年間にあたるのだろうと思います。具体的には1990年前後の数年間は就職してすっかり色気づいていたころで、当時のアキュレイトやトライマスター、ドラゴンの勃興など、リアルタイムで知りません。 今回初めて買ったのですが、なかなかに良さ気なキットでした。 そういえばBf110自体、高校生の時分に、フジミの1/48(1/50?)を買って以来になります。あれは完成させられませんでした・・・  製作の待ち行列は長く延びきっていますが、さらにその最後尾に付け加えたいと思います。


さて、このキットで良くわからんのが、パイロットフィギュア2体が省略されているというところです。箱の横側の説明欄はマジックで塗りつぶしたような修正が施されています。 そして箱の中には、仰々しい色の注意書きが入っていました。 数カ国後で、「パイロットは入ってない」と声高に主張されています。お人形さんには興味のない私にはどうでもよいことです。
DSCN0008_20130722081358.jpg
スポンサーサイト

【2013/07/22 23:34】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters