After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
いささか旧聞に属しますが、学校OBの親睦会が新大阪であり(お年寄りの方がもっぱらです)、半休をとって大阪に出るついでに大型模型店に行ってきました。

さすが大阪の大型店、神戸で買い損ねたT2Vが店頭にあったのでこれ幸いと購入しました。
DSC_0108.jpg

F-94もあり、同時に購入するつもりだったのですが、A/B型というのがとてつもなく格好悪かったので思いとどまりました。 私のイメージするF-94はC型であったようで、A/B型の上に反り上がった機首はどうにも違和感がありました。

さて、このT2V、バックアイの先輩になるそうですが勉強不足で全く知りませんでした。 ロッキードの艦上機って珍しいんでしょうか、バイキングくらいしか思いつきませんが。基本はT-33の後席を上げたということでしょうが、(wikipediaによると)エンジンを替え、インテイクも変え、と各所異なるようです。 まあ、そんなことはどうでもよい、キットのままに作るだけですが。

SWORDの購入は、最近、流星改、鍾馗、そしてこのT2Vと立て続けです。価格はそこそこ、出来はタミヤ・ハセガワ並みとはいかないもののハセガワやフジミのオールドタイマーよりはずっとまし、なんといっても取り上げる機種がうまいところを突いてきます。このあと彩雲が出るようですが、うまい商売やなあと感心します。
一方で日本のメーカはタミヤはコルセア、ハセガワはソッピースということで、大作主義というかなかなか小回りの効いた企画が出てこないです。 人件費や金型製作費などの環境を鑑みると大作主義しか成立しないのでしょうか?? 一方で、今月のモデルグラフィックスは自動車模型メーカーのエブロの特集でしたが小さなメーカー(失礼)が実にうまく立ち回っています。飛行機模型では日本の小メーカの活躍は1/144止まりのように感じます。  3Dプロッターを契機とした製造業革命が喧伝される今、ベンチャースピリットあふれる若いメーカーの奮起に期待します(←あくまで日和った年寄りによる他人事モード)
スポンサーサイト

【2013/06/02 20:37】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters