After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
~ 9気筒エンジンは18気筒化の夢をみるか? ~
***************************************************
サブタイトルは、50前後の、SF好きの煮え切らないおっさんにありがちなタイトルでありますが、9気筒サイクロンエンジンを複列18気筒化しようという主旨です。

スカイレーダーのエンジンR3350"デュプレックスサイクロン"はB-29、P-2ネプチューン等でも使われたエンジンですがよいアフターパーツはありませんでした。 よって、”サイクロン”を元に、”ダブルサイクロン”をでっちあげます。
元となる9気筒サイクロンエンジンは、ハセガワのドーントレスのものです。これを2式用意し、18気筒化します。
かれこれ6年程前、雷電の火星エンジンを自作する際に、ドーントレスのキットを2個購入しエンジンパーツを転用、14気筒エンジンをでっちあげました。 その折の取説を使って今回あたらめてパーツ請求しエンジンパーツを準備しました。
火星の際は9気筒→7気筒×2 というアレンジ変更が結構面倒だったのですが、今回は9気筒→9気筒×2ということで、2個を前後に並べるだけです。

ひとまず前後列を並べ吸気管を付け、前部のギアボックスまで出来ました。吸気管は火星の折はハンダ線をつかいましたが、今回は、100均にあったアルミ線を使用しました。 ハンダよりは硬く、銅線よりはやわらかい感じです。 アメリカの優れた工業力の現れかのようなダブルサイクロンの整然としたパイピングには、ハンダより固いアルミのほうが、合ってるかなあと考えました。

DSC_0006.jpg

DSC_0005.jpg

工作はまだまだ前半、これからプラグコード、導風板、排気管、後部の補機類等の自作が必要です。先は長いです。
***************************************************
サブタイトルは・・・
最近本屋で P.K.Dickの「未来医師」という創元社の文庫本を見つけ即買いしました。2010年に出ていたよう。 もう新たな訳出は無いものと思ってたので、すっかり抜かっておりました。若い頃Dickに傾倒し、サンリオ文庫(昔はキティーちゃんのサンリオがSFの文庫本を出してました)や、文庫本に未収録のものはSFマガジンまで含め、訳出されたものを全て読み倒そうとしていました。 未だ新たに訳出されるのはうれしい限りですが、中身はいかにもDickらしい作品でファンは楽しめますが、客観的には・・・ というものでした。 未訳はいよいよ2作品を残すのみということです。
***************************************************
今日は久々に有給をとりました。大模型大会!にするつもりが、大頭痛に襲われまして半日寝ていました。夜になんとか復活し、こうやって記事を書いています。 ああ、残念。
スポンサーサイト

【2013/02/27 21:12】 | 模型-Skyraider
トラックバック(0) |

勉強になります…
XJunで〜す
スカイレイダーのエンジンって、B29のエンジンの一発分ということですね?

ということは、スカイレイダーというのは単発機でも相当なパワーがあればこそ、あのペイロードだったんですね(驚)。


公試
>>XJun殿
B-29の1/4ということですかね。 判りやすいような、判りにくいような。
まあ、大したエンジンですよね。当時のアメリカの工業力というか技術力は大したもんですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
勉強になります…
スカイレイダーのエンジンって、B29のエンジンの一発分ということですね?

ということは、スカイレイダーというのは単発機でも相当なパワーがあればこそ、あのペイロードだったんですね(驚)。
2013/02/27(Wed) 21:51 | URL  | XJunで〜す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
B-29の1/4ということですかね。 判りやすいような、判りにくいような。
まあ、大したエンジンですよね。当時のアメリカの工業力というか技術力は大したもんですね。
2013/03/01(Fri) 22:42 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters