After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
前回の記事で使った「息ぬ機」という言葉が気に入ったので、息ぬ機シリーズを。
*****************************************************

1.昨年末、大阪のJMC会場で安売りされていた1/48紫電は士の字となっています。 残りのリベットをあと2時間くらい打ったら塗装が出来ない訳じゃない、が、そこまで気持ちが高まるか、オレ?
DSC00595.jpg
DSC00596_20121125151431.jpg


2.次の一機入魂は1/48モノグラムF-9Fもいいなあ、と思い、その練習にまたまた息ぬ機、ハセガワ1/72のパンサーです。これは十の字。 これまたリベットをうったらカッコ良かろう、と現在1/4程うったところで、見事気が抜けてしまいました。
DSC00600.jpg
ところで、このキット、その嵌め合いたるや、びっくりする素晴らしさですね。機首が細いとか、さすがに細部が物足りない、等、現在の目で見ると辛い部分もありますが、30年選手のキットとは思えない出来です。模型雑誌で、タミヤの1/35の97式戦車や東京マルイのカウンタックやらをオーパーツと称して褒めそやす記事を目にしますが、いやいやどうして、このキットもオーパーツの資格十分です。 最近ホビーボスから新しいキットも出ていますが、まだまだ現役をはれます。

3.こないだ買ったMENGモデルのF-102を辛抱たまらず仮組してみました、
DSC00598_20121125151430.jpg
ふむふむ、、、

が、しかし・・・
DSC00599_20121125151429.jpg
なんかこの機首カッコ悪いです。あれれ??
レドームのパーツと、機首が滑らかにつながらず、下面で折れ線が出来ているのはどうやら正しいようですが、、レドームの丸から胴体の□への断面の移り変わりが変、というか、胴体側が四角過ぎる? それから、機首の先端位置がちょっと高い? 要は、カッコ悪い、ということです。ちょっとがっかりです。どうしたもんでしょうか、うーん。
****************************************************
(本記事は11/25にアップして、11/26に公開としたものです。決して出張先でアップしたものではありません)


スポンサーサイト

【2012/11/26 21:03】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters