After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
落穂ひろい、今回は「零戦」です。
***************************************************
なんと来年2月にはタミヤから零戦52型が72で発売されるということです。決定版たる48のスケールダウンとなりますのでこれまた決定版間違いなし。 となると、このハセガワのキットもよく出来たキットで今回落穂ひろいをしていても脚庫が浅い以外に特に不満はありませんでしたが、タミヤが出てしまうと流石に色あせてしまいそうです。そういう意味で現時点で完成させてしまおうというのは非常に良いタイミングであったように思います。 完成すればの話ですが。

落穂はあちこちにパラパラ落ちてまして、拾っていて腰が痛くなりそうです。

1)風防を塗り分けました。 日本機の鬼門、風防の塗りわけですが、今回は筆塗りでマスキングなし、フリーハンドで行いました。 模型の完成を遠ざける一番の元凶は、私の場合、紛れも無く吹き付け塗装にあります。ちょこっと塗り分けるためにちまちまマスキングをし、ぷっと吹きつけたあとはエアブラシのうがい、と面倒なことこの上なし。 筆塗りならビンからちょこっと塗料をとって即、塗り。 あとは筆に残った塗料をふき取って終わり。意外にうまくできました。  

2)ペラを塗り分けました。 こちらは吹き付け。あー面倒。 あと、端部の黄色い線のデカール貼りが必要。

3)20mm機関砲とピトー管を真鍮パイプと真鍮線で作りました。 どちらもオーバースケールですが、勇ましくていいかという確信犯です。 このあと、プライマーを塗って塗装要。

DSC00380.jpg

あとは主翼前縁の黄色と、脚まわり。 といい気になっていたら、いい気になっていたのは私だけでなく、この機体もそうであったようで、なんとこやつ、高さ80cmの机から無謀にも滑空を試み、見事クラッシュしました・・・・   すわ、オペレーション「落穂ひろい」もクラッシュかと背筋が凍りましたが、そこは軽い機体に大きな主翼で滑空性能の良い零戦のこと、被害は最小限ですみました。 水平尾翼が片側脱落、これは付け直してすぐにOK。問題は胴体内部でカタカタ音がする点。 何が外れたかと思いきや、なんと正面の計器盤が脱落してコックピットで踊っていました。 流石にこれは無視できず、せっかく接着したキャノピーを外して、計器盤を付け直しました。 まあ、キャノピーは綺麗に外れたのでそのまま付け直し出来そうです。
***************************************************
紆余曲折、回り道をしながらではありますが、なんとか完成させられそうです。 今週末に脚をつけて一気に目処をつけたいです。(というか、いよいよ時間が無くなってきたし・・・・)


スポンサーサイト

【2011/11/30 22:31】 | 模型-零戦
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters