After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
 昨日、今日と東京ではJMC2011が開かれていたようでありますが、続いて来月10,11日には大阪で開催されます。私の在籍するクラブも展示を行うということで、展示用の作品が必要となりました。 主催者であるハセガワ殿に敬意を表し、やはりハセガワのキットがベターということですが、もともと完成が少ないところに、ハセガワという枠がかかるとなお一層つらいところです。
*****************************************************
 そこで、完成まであと少し、というところで放置プレイ、もとい熟成状態となっている機体を、これを機会に完成させる作戦としました。

(1) 1/48 メッサーBf109K 
DSC00374.jpg
これは、H19年に雷電でJMCに応募する前に、JMCを意識して気合を入れて作ったものです。9割5分できたところで、(これでJMCは厳しいんじゃなかろうか・・・)と思い、応募を諦め雷電の製作に移った経緯があります。 しかしながら今の目で見直しみて「いやいや、そこそこよく出来てるやん」と思える仕上がりなので、これを機会に完成させることとします。
残り作業は、
1)脚カバー
2)風防及び防弾ガラス
3)アンテナ、アンテナ線
4)シートベルト
位であったと思います。 計10Hくらいでしょうか。

(2) 1/72 ヴォートF-8
DSC00371_20111120082628.jpg
こいつはさらに古く、H17年頃に作りかけていたものと思います。 機体の筋彫りを掘りなおしたくらいの素組みですが、フランス海軍塗装がカッコよく、出来も過不足なし、というか(うわっ!)と目を逸らしたくなる部分も見当たらないです。 アカデミーのキットが出て久しく、作品の意義というか位置づけについては微妙ですが、まあ個人的には良かろうと。
こちらの残作業は、と機体を仔細にみますと、結構あります。
1)デカール貼り、クリアー掛け
2)アンテナ、灯火類
3)正面計器盤! なぜかデカールを貼っていない! 何があったのか?
4)シートの後ろがスカスカなので壁が欲しいところです
5)主脚のリンク機構 
6)前脚のカバー
7)機種のピトー管
うーん、15Hはかかりそうです。

これで25H、ちょうど1ヶ月の作業時間になりますので、これで12月の前半までは他の仕掛り中の機体については一時お休みとなります。
*****************************************************
 早速(2)の1)デカール貼りから着手してみたのですが、見事にデカールが割れました。「これが噂に聞くハセガワ古デカールの割れか」と。 なかなか苦労しそうです。

 さらに、(1)については、キャノピーのパーツが無い!どこにもない! パーツを取り寄せている時間も無いので、早くも方針転換し、(1)はまたの機会にしようかと。

 ならば、と、もう一機ひっぱりだしてきました。

(3) 1/72 零戦8
DSC00369.jpg
これはネットの祭りに合わせてこのブログで製作を進めたものですが、結局締め切りに間に合わず、そのまま放置していたものです。 本機については
1)脚周り
2)コックピット内(シートベルト等)
3)正面計器盤! なぜかデカールを貼っていない! 何があったのか?
4)キャノピー塗装
5)翼前縁の黄色塗装
など。 これも10Hくらいです。

なんとか2機、完成させたいところです。
*****************************************************
JMCには先のS-3 Vikingを送りました。 今年からマスターズクラスということで、なかなか賞は遠いですが。 無事届いて並べられていたでしょうか?

スポンサーサイト

【2011/11/20 18:43】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters