After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
ちょっと前進しました。
***********************************************
1)まず、前回付けたキャノピーの塗り分けしました。 ちょっと厚ぼったいですが、透明度は十分なパーツでした。
DSC00361.jpg

胴体側面の空気取り入れ口はムクのパーツだったので開口し、さらに縁の厚みが綺麗に揃わなかったのでプラ材を貼り付けてごまかしました。
DSC00362.jpg
ここにインテイクを配置した長谷川技師恐るべきセンスであります、カッコ良すぎます。
左翼の着陸灯は、今更ですが思い立ってクリアパーツ化することとしました。取り合えずプラを削り取りました。

胴体下面の冷却器?、排気タービン、排気管も付けました。 特にこだわりありません。
DSC00363.jpg
主脚収納部はキットのパーツで十分な深さがあります。そういえば、機銃の薬莢排出口がつぶれてふさがっています。綺麗に開口してやる必要があります。

プロペラ、スピナーは仮組ですが、いただけないのが強制冷却ファンで、がっかりな出来です。下の写真の右側がキットのパーツですが、結構削り込んで大きさを揃えてしたのですが、いまいち。 ということで、自作した方が早かったか、と作り直したのが左側です。 大した出来にはならず、変わり映えしませんでした・・・
DSC00368.jpg
プロペラ、スピナは良い感じです。スピナの先端のパイプ(起動用の引っかけでしたっけ?)を作り直せばばっちりです。
***********************************************
塗装は上面濃緑色、下面オレンジレッドなのでしょうが、カッコ悪いので、考証は無視して、全面無塗装、銀色にするつもりです。

着陸灯の工作が出来たら機体塗装にかかるつもりです。
スポンサーサイト

【2011/11/06 14:44】 | 模型 ki-94
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ラッキーユダヤ
いや、久しぶりに覗かせて頂いたのですが、公試様こだわりのki94着手されていたんですね(驚)

思わず遡って拝見申し上げましたが72でこの緻密なリベットを打てる人は見た事がありません…

覗いてよかった、励みになりました。

「南の島のリベット王」、…「アフリカの星」みたいでカッケ~!であります(笑)



公試
>>ラッキーユダヤ殿
凝って作るつもりはないのですが、リベットくらいうとうかなあと。 72でも打てばやはりカッコよくなりますね。
しかし世の中には144で実に見事にリベット打ちされている方もおられます。 世界は広いです!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/07(Mon) 01:19 |   |  #[ 編集]
いや、久しぶりに覗かせて頂いたのですが、公試様こだわりのki94着手されていたんですね(驚)

思わず遡って拝見申し上げましたが72でこの緻密なリベットを打てる人は見た事がありません…

覗いてよかった、励みになりました。

「南の島のリベット王」、…「アフリカの星」みたいでカッケ~!であります(笑)
2011/11/12(Sat) 00:46 | URL  | ラッキーユダヤ #-[ 編集]
>>ラッキーユダヤ殿
凝って作るつもりはないのですが、リベットくらいうとうかなあと。 72でも打てばやはりカッコよくなりますね。
しかし世の中には144で実に見事にリベット打ちされている方もおられます。 世界は広いです!
2011/11/12(Sat) 10:52 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters