After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
特に書くネタも無いのですが・・・
********************************************************************
1) 仕事で下関と尾道にそれぞれ日帰りで行ってきました。下関は5年ぶりくらい、尾道は生まれて初めてです。尾道といえば大林宣彦の尾道三部作。小林聡美「転校生」は1982年、原田知世「時をかける少女」が1983年、富田靖子「さびしんぼう」が1985年ということです。もう30年前・・・ 歳をとったものです。その尾道は駅前に小さな海を抱いた、こじんまりしたいい街でした。 今週は呉に日帰り出張の予定です、瀬戸内が続きます。

2) S-3 vikingはまだまだどっさり残っている小物・細部工作を逐次片付け中です。
この写真は代わり映えしませんが、
DSC00273.jpg
傷やパテ盛り跡が綺麗に仕上がっていなかったところなど、7,8箇所について、ペーパー修正し、グレーを吹きなおしました。けっこうあちこち修正を要し、こんなことなら無理してサーフェイサーを吹く手順を省略することは無かったなあと反省しています。
機体にはこの前の主脚柱に加え、前脚柱も接着してしまいました。ということで、機体は3本の脚柱で自立しています。タイヤはありません。むちゃするなあ・・

裏返してみます。
DSC00274_20110731224906.jpg
前脚室のパイピングを済ませ、主脚室とあわせ、塗装しました。 脚柱自身に貼りつくパイプは前脚・主脚共まだです。 主脚室はごちゃごちゃ風がいい感じです。 エンジンは未接着です。

小物の製作も進めています。 フラップは工作は出来ているのですが、機体につけたら壊してしまいそうなので未接着です。付けたらカッコいいんですが。
DSC00278.jpg
右の四角い板四枚は主脚庫の扉です。キットパーツを使いました。 押出しピンの跡が大きくありましたので、折角のリベットモールドを無視してパテ盛りして均してしまいました。
右上にちらりと見えているのは武器庫の扉です。 こちらはキットの胴体パーツから切り取ったものは使用せず、プラ板で製作しました。
黄色が見えているのは、機首レドームです。 

残工事の所要時間は40Hをきったようです。 

3) とある方のブログで取り上げられていた「photo recolor light」というソフトを買いました。 デジカメ画像をHDR加工できるというものです。 最近のデジカメにはHDR撮影機能を備えたものがあります。高速で露出を変えながら3枚ほど連続撮影し、これを1枚に加工しHDR画像を作るという機能です。 なので、私は露出の異なる複数枚の画像がないとHDR加工はできないものとおもっていたのですが、このソフトは1枚の画像をHDR加工するというものです。  使ってみたところ、「まあ、それなり」ですね。前回記事の、2枚ならんだ同じ画像のうち明るくしたような画像や、上の3枚目のパーツ写真がこのソフトで加工したものです。 ダウンロード購入で2千円しなかったので、まあよしと。

4) 世界の傑作機Do217を立ち読みしましたが、「やっぱりかっこよくは無いわなあ・・・」ということで珍しくパスしました。

5) 夏休みの子供の宿題に苦労しています。 習字二人分(小学生×2)、ポスター二人分(小学生×2)、理科の実験のデータ取りま(中学生×1)で終わりました。 中学生のポスター×1、小学生の工作×2 とまだまだ続きます。 そういえば小学生のプラモ作りもそろそろペースを上げないと。 
スポンサーサイト

【2011/08/01 12:34】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |

夏休みも休めませんね
XJunで~す
お父さん業、お疲れ様です。

σ(^_^)の父は毎年泣きながら宿題をしていたので、小五くらいから「泣くくらいなら宿題をせずに登校せい」と言いはなっておりました。
そこまで度胸があれば人生違ったかも…と思う昨今。

小学生も高学年になると自由研究なる面妖なものが…。

ともあれお疲れ様でございます。


公試
>>XJun殿
どうも誤った子育てをしてしまったのか、持って生まれた気質なのか、自助の精神に欠ける子供らです。 

私は小学1年生のとき、父親に見事な工作を作ってもらい、逆にそれを自分の工作として提出するのがとても恥ずかしくて、以来、親に手伝ってもらったことは一切無いと記憶しております。 記憶が美化されているのかもしれませんが。

盆休みは夏休みの宿題の残りか・・・ お疲れ様です

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
夏休みも休めませんね
お父さん業、お疲れ様です。

σ(^_^)の父は毎年泣きながら宿題をしていたので、小五くらいから「泣くくらいなら宿題をせずに登校せい」と言いはなっておりました。
そこまで度胸があれば人生違ったかも…と思う昨今。

小学生も高学年になると自由研究なる面妖なものが…。

ともあれお疲れ様でございます。
2011/08/08(Mon) 18:48 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
どうも誤った子育てをしてしまったのか、持って生まれた気質なのか、自助の精神に欠ける子供らです。 

私は小学1年生のとき、父親に見事な工作を作ってもらい、逆にそれを自分の工作として提出するのがとても恥ずかしくて、以来、親に手伝ってもらったことは一切無いと記憶しております。 記憶が美化されているのかもしれませんが。

盆休みは夏休みの宿題の残りか・・・ お疲れ様です
2011/08/09(Tue) 09:15 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters