After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今週末は夏季休暇でありまして、まとまった時間がとれたので塗装を進めました。
******************************************************************
まだまだ細部工作は残っていますし、機体表面のアンテナ類は一切付いていないのですが、臆せず機体塗装をしました。グレーとナイトブルーの2色です。

逆光で非常に見づらいですが。
DSC00267.jpgDSC00267-hdr.jpg

一応、一回目の全体塗装を終えました。ナイトブルーがテカテカしていますが、最終的には半ツヤにするつもりです。

「一回目の」というのは、私はあまりサーフェイサーを使わない性質で、機体表面に粗が残った可能性を残して塗装するため、どうしてもその粗の処置後のタッチアップが不可避であるためです。左主翼端に鉛筆で丸印を書き込んでいますが、見事に粗が見つかった場所です。1枚目の写真の右主翼端も同様です。
DSC00269.jpgDSC00269-hdr.jpg
そういう箇所が今回、7箇所くらいありました。が、まあ想定範囲内ということで、補修(パテ盛りまでは必要ない見込み)のうえタッチアップ予定です。グレーとナイトブルーの塗りわけに関るところには粗がなく、いずれも単色の部分であったので補修・タッチアップは容易なはずです。

1,2枚め共、キャノピーがくすんでいますが、スモークを吹いたことによるものです。実物はもう少し透明感があります。

DSC00270.jpg

エンジンポッドは仮組み状態です。まだ主翼に接着はしていません。ナイトブルーのリップがかっこいいです。 
魚雷の下面に貼っていた丸型のデカールが塗装のマスキングの過程で剥れてしまいました。左右両魚雷共・・・ まあ大した手戻りではないので、いずれ処置します。

DSC00271.jpg
主脚柱はなんと接着済みです。 こういうのは機体塗装がデカール貼り、クリア吹きまで含めて完了してから取り付けていくものですが、自分的には気にせずどんどん付けていきます。

フラップ板は工作が出来、塗装待ちの状態です。 主脚柱と違ってちょっと力がかかると簡単に破損してしまうため、ここは早めの接着は出来ません。最終段階で接着します。
******************************************************************
上述の補修・タッチアップができたらばデカールを貼り、ウェザリング(というと大げさですが、要はすみ入れ・汚し等です)の予定です。 

全てが順調というわけではなく、先日机の高さから(おおよそ80cm)墜落事故を起こしまして、気を失いそうになりました。 致命的な損傷はなかったものの、レーダ下の下あご部分が破損し、胴体背中部分(主翼上面を左右に2分割して工作した部分)にも割れが生じました。 いずれも現在まだ補修作業中です。

この補修をふくめ、現在おおよそ80%の進捗度。残り50Hというところです。着陸地点が薄ぼんやりと見えてきた感じがします。 8月中の完成はちょっとしんどそうです。


スポンサーサイト

【2011/07/23 12:04】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |


KPの里
やはり色が入ると一気にモチベーションがアップしますよね。
コチラの低迷気味なSu-25も早く塗装工程に入れてあげたいです(^_^)



公試
>>KP殿
塗装するとカッコ良くなってやる気が復活しますね! KP殿のSu25は塗装前ですでに十分カッコイイですが。
暑さに負けず頑張ります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
やはり色が入ると一気にモチベーションがアップしますよね。
コチラの低迷気味なSu-25も早く塗装工程に入れてあげたいです(^_^)
2011/07/24(Sun) 01:03 | URL  | KPの里 #-[ 編集]
>>KP殿
塗装するとカッコ良くなってやる気が復活しますね! KP殿のSu25は塗装前ですでに十分カッコイイですが。
暑さに負けず頑張ります。
2011/07/24(Sun) 11:47 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters