After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
キャノピーが一応できました。 今回だけはヤバかったです。ここまで特にトラブルもなく、ペースはともかくとしてそれなりに順調にすすんできましたが、今回は危うく「3コマ戻る」くらいの失敗となるところでした。
********************************************************
S-3 vikingのキャノピーはグレーのスモークがかかっていますが、キットのキャノピーは無色透明なため、着色することとしました。

何を吹いたらよいのかわからないので、ネットで検索してみると「スモークとクリアを混ぜる」という記事を発見したのでこれに従いました。 スモークグレイを買ってきて、手持ちのクリアと1:1で混ぜ、ざらざらの仕上がりにならないようシンナーでそれなり薄めにして慎重にキャノピー内面に吹くこととしました。

薄く均一にスモークの膜ができるように吹けばよいのですが、吹きすぎると垂れるし、垂れるのを怖がり過ぎたらザラザラになるやもしれず。 また失敗したらシンナーで落としてキャノピーの磨きからやり直し?という恐ろしい工程です。

慎重に、慎重に吹き重ねていくと・・・・ おお、うまくスモーク色がついてきます。案ずるより産むが易し、とはこのことか、と思いきや、なにやら透明度が極めて悪いようです。 あれれ、何故?  !これはかぶってる!! やってしまいました、湿気でクリアーが白濁したようです。頭がクラクラしました。仕方ない、駄目元で、薄めのクリアーを塗り重ねたらば、なんとか幸いにも白濁は何とか消えました。 しかしながら表面がすっかりゆず肌になってしまいました。

さて、どうするか。 修正を試みるか、パーツ請求でもしてもう一度最初から作るか。 ということで、ゆず肌をペーパー掛けすることにしました。 使用するペーパーは、塗膜が削れるラプロス。4000、6000、8000で順番に慎重にキャノピー内面の塗膜を撫でていきます。 やりすぎてクリアーパーツ表面が出てしまわぬよう、慎重に。

慎重な悪戦苦闘10分、なんとか、ゆず肌がとれたようなので、コーティングポリマーをぬりこんでやりました。その結果、まあ見られる状態にしあがりました。 ああ、よかったです。
DSC00245.jpg

作り直しとなると、この内側の工作がもう一度やり直しとなるので、それは避けたいところでした。
DSC00248.jpg

セットしてみました。 キャノピー越しに見るコックピットは、取りきれていないゆず肌でざらついて見えるところもありますが、いいんです、こんなもんです。
DSC00250_20110626195319.jpg
********************************************************
兎にも角にも、難工程を終え、ほっとしました。 クリアパーツの扱いはいつもひやひやします。
6月はキャノピーを接着して終わり、となりそうです。現在全工程の2/3辺りです。

********************************************************
会社の、私が昔いた部署の若手社員が本ブログを見ていると聞き及び、迂闊な事は書けんなあと構えております。少なくとも、モバイルネタはNGやなあ。鉄っちゃん上司はOKか。
スポンサーサイト

【2011/06/27 12:30】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |


taki
ご苦労さまでした。
私もセフィーロ(車)を作ったときに
スモークをクリアで割って窓塗りましたよ。

窓のクリアーはプラの厚み分が透明に見え
ちゃうので、外から吹いたほうがごまかせると
思いますよ。研ぎだすのも便利だしね。

しかし、細かい工作が続きますね。

管理人のみ閲覧できます
-



シミヤン
私も過去にF-16のキャノピー塗装でスモークを使いましたが
みごとに予想と大外れの結果となりました。

クリアーの量なんでしょうかね?


公試
>>taki殿
やはり何事も経験だなあと思うのですが、今回は次につながるノウハウの蓄積には至りませんでした。

今回はまさか研ぐことになろうとは考えてもみなかったので内側から吹きましたが、研ぎ工程が必須ならなるほど外から吹くのがベターですね。 




公試
>>シミヤン殿
なかなか結果が予想しにくい作業で、一か八かという感じです。なかなか思ったようには出来ないですね。

何がミソなんですかねえ? 滅多にやらない作業なんでミソが判る日が来るかは大いに疑問です・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ご苦労さまでした。
私もセフィーロ(車)を作ったときに
スモークをクリアで割って窓塗りましたよ。

窓のクリアーはプラの厚み分が透明に見え
ちゃうので、外から吹いたほうがごまかせると
思いますよ。研ぎだすのも便利だしね。

しかし、細かい工作が続きますね。
2011/06/30(Thu) 23:14 | URL  | taki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/30(Thu) 23:50 |   |  #[ 編集]
私も過去にF-16のキャノピー塗装でスモークを使いましたが
みごとに予想と大外れの結果となりました。

クリアーの量なんでしょうかね?
2011/07/01(Fri) 01:43 | URL  | シミヤン #-[ 編集]
>>taki殿
やはり何事も経験だなあと思うのですが、今回は次につながるノウハウの蓄積には至りませんでした。

今回はまさか研ぐことになろうとは考えてもみなかったので内側から吹きましたが、研ぎ工程が必須ならなるほど外から吹くのがベターですね。 

2011/07/01(Fri) 20:52 | URL  | 公試 #-[ 編集]
>>シミヤン殿
なかなか結果が予想しにくい作業で、一か八かという感じです。なかなか思ったようには出来ないですね。

何がミソなんですかねえ? 滅多にやらない作業なんでミソが判る日が来るかは大いに疑問です・・・
2011/07/01(Fri) 20:59 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters